滝澤伸悟プロデュース-WINDING ROAD FX-は、5ステップのシンプルなトレード手法で、月利15%以上を得ることができました。

滝澤さんは、サラリーマンらしい堅実なトレード手法ですが、本当に実用性があるか検証してみましょう。

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-

 

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-』が、
追加特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

20,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内

下のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内
ご購入はこちらから

『滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-』の特徴を検証・評価

滝澤さんのトレード手法は100%インディケーターに頼ることはしません。

ほんの少し裁量をいれることで、できるだけ騙しを減らし、少しでも勝率をあげられるようにしています。

言い換えるならば、インディケーターと裁量を組み合わせることで、確実にトレンドに入ったと判断してからエントリーを行うというイメージです。

もしかすると、これまでFXトレードで失敗されてきた方でしたら、“裁量”と聞いたけで、「本当に自分にできるのか?」「その判断が難しいのではないか?」 と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご安心ください。

もちろん裁量なので、最終的にはご自身でその判断を身につけていただく必要はあるのですが、その裁量の判断材料になる要素は少なく、何度か復習していただければ、身につけていただくことができる程度の裁量判断になります。

逆にこの裁量判断を身に着けられないほどの練習量しかできないのでしたら、FXトレードで稼ぐということを諦めたほうがいいと思います。

それだけ、ハードルの低い裁量判断まで落とし込んでいると自負しています。

滝澤さんがこのような発言をすると、「そこまで簡単なんだったらすべてインディケーターでできるように改良してくださいよ」という人がこれまで何人もいらっしゃいました。

しかし、このちょっとした裁量トレードや経験というのは、シンプルなツールに落とし込むのが案外大変です。

もちろんAIの発達などで、今後はこうした人間にしかできなかったことがシステムでも実現できるようになるかもしれません。

ただ、これまでトレーダーが何も考えなくても、高い勝率を実現する夢のようなインディケーターは少なくとも見たことはありません。

これまでの滝澤さんの経験から、こうしたインディケーターに100%の信頼をおくというのは 危険だと考えており、裁量を入れないFXトレードは非常に不確定要素も大きく、また不安も大きいという印象しかありません。

しっかりと自分の判断も交えて、トレードを行い、その経験値を増やすことによって、勝率を高めることができ、勝てるトレーダーに成長するのだと滝澤さんは考えています。

先程も申し上げたように、トレンドフォローの手法はドカンと一気に損失を出しやすい手法です。

コツコツドカンという言葉もまさにその様子を表していますが、これまでコツコツと積み上げてきた利益をドカンと一気に失いやすいのが最大のデメリットです。

しかし、滝澤さんのワインディングロードFXは、このドカンと損失を出さないように様々な工夫を行っています。

その1つが損切りラインの設定です。

『WINDING ROAD FX』では、エントリーの際に損切りラインを予め設定し、その1回のトレードにおいてリスクは3%以下にすることをルールとしています。

例えば、資金10万円の方がトレードするのであれば、 1回のトレードで最大3,000円の損失で抑えるということです。

極端に言ってしまえば、33連敗しない限り資金はなくなりません。

トレンドフォローの場合は、1度の負けで大きく負けてしまうコツコツドカンが一番恐ろしいのですが、しっかりと損切りラインを設定しトレードすることをルールにしていますので、大きく負けることは考えにくいです。

これまで数多くのドカンと一気に大きな損失を出してきた私が トレードする中で非常に感じたことなのですが、 損失が大きくなればなるほど、精神的なダメージが大きく、次のトレードへのモチベーションが下がってしまいます。

『WINDING ROAD FX』の方法で損切りラインを設定すれば、「ヤバイ!こんなに資金を減らしてしまった!」 というプレッシャーも非常に限定的になるため、安定したトレード環境で継続的にトレードしていただけます。

トレンドフォローの手法において、大きくドカンと一気に損失を出してしまうということは最も避けなくてはなりません。

先程の損切りラインの設定でリスクが限定的になったというのはご理解いただけたと思います。

これだけでも十分ではあるのですが、『WINDING ROAD FX』では、もう1つルールを設定しており、リスクの最小化するとともに利益を確保していくということを行っています。

トレンド相場の場合は値動きが大きくなります。

そこで、その価格変動にあわせて利益が出ている間に、損切りラインを引き上げ、利益を確保していくのです。

値動きがトレンドに乗って、利益が出てきたら同時に損切りラインを引き上げることで、もともと3%だった損切りが、2%・1%…とどんどん減っていきます。

また相場の動きによっては、損切りラインがエントリーしたポイントを超えると、損切りラインにかかったとしても確実に利益が出るということもあります。

このようにしっかりとリスクを限定的にするだけではなく、損失を最小化して利益を確保していくということで、トレンドフォローでドカンと大きく負けることは考えにくいでしょう。

ここまでの説明で『WINDING ROAD FX』ではリスクを最小化し、利益を少しでも多く確保しようという手法というのがお分かりいただけたと思います。

『WINDING ROAD FX』のトレンドフォローの手法の特徴はこれだけではありません。

私の手法の特徴の1つが通貨ペアを選ばないということです。

一部のFX商材ではドル円とユーロドルとユーロ円のみなど、限定的な通貨ペアのみに対応している場合があります。

もちろん通貨ペアを限定させるのは良いことではあるのですが、エントリーチャンスがどうしても少なくなってしまいます。

『WINDING ROAD FX』では、極端に言ってしまえばどんな通貨ペアでもご利用いただくことができます。

そのためエントリーチャンスは1日に10回以上もあります。

このように代表的な通貨ペアであれば、どの通貨ペアでもご利用いただけます。

上記7種類の通貨ペアについては、当然安心してご利用いただけますが、さらにご自身でルールを設定し検証いただければ、他のマイナーな通貨ペアでも十分利用可能な非常に応用しやすい手法です。

また、『WINDING ROAD FX』は1日の値動きから利幅を狙うデイトレードですので、日足・週足などは利用できませんが、時間足であれば、どの時間足でもご利用いただくことが可能です。

さきほどご説明した通り、『WINDING ROAD FX』では、リスクを最小化し、利益を確保するための損切りルールがありますので、どの通貨ペア・どの時間足でもあらかじめリスクを限定して、安心してトレードだけに集中していただけます。

トレンドフォローで勝つためには、トレンドが切り替わるポイント いわゆる「押し目」を見極めることです。

とは言え、1日中チャートに張り付いてトレンドが切り替わるポイントを 見極めるというのは、忙しいサラリーマンや主婦の方にとっては非常に困難です。

そこで、『WINDING ROAD FX』では、エントリーチャンスが近づいてきたら、お知らせをしてくれる オリジナル・インディケーターを用意しています。

このインディケーターを使っていただければ、トレンドの転換点になりうるポイントをインディケーターが自動的に判断して、あなたにお知らせしてくれます。

・上向きの矢印が出たら上昇トレンド ・下向きの矢印が出たら下降トレンドとなる転換点を示しています。

このインディケーターを活用いただければ、常にチャートに張り付く必要はなく、インディケーターのアラートが鳴ったタイミングにチャートを見て、『WINDING ROAD FX』の手法にそってエントリーするかどうかを判断すれば良い ということになります。

普段忙しくてFXトレードになかなか時間が取れないという方でも、アラートが鳴ったタイミングだけチャートを見ればいいため、 非常に効率よくトレードしていただけます。

このインディケーターは『WINDING ROAD FX』の最大の特徴と言っても過言ではありません。

ここまでの説明で、今回滝澤さんが公開するトレード手法がトレンドをできるだけ正確に掴むことができる手法であること、そして、リスクについても最小限に抑えることができているということをご理解いただけたと思います。

そこで最後に『WINDING ROAD FX』が負けにくいトレードを行って、あなたの資金を増やすことが可能な理由についてご説明していきましょう。

よくFXトレードの手法が勝てるかどうかの判断基準の1つとして、リスクリワードレシオというものを使って判断されることがあります。

簡単にご説明すると、リスクリワードレシオというのは、利確が20pipsで損切りが10pipsだとすると、 20pips/10pips=2 と計算されます。

この数字が大きければ大きいほど、勝ったときの利益が大きい手法と言えます。

『WINDING ROAD FX』のリスクリワードレシオは【2】です。

つまり、1回勝った時の利益が1回負けた時の損失の2倍ということです。

しかし、当然ながらFXトレードでは勝率も関わってきますので、リスクリワードが高いからといって必ずしも優れた手法であるとは言えません。

先ほどの例で、仮に勝率が20%で10回トレードしたとすると、 20pips×2回-10pips×8回=-40pips となり、利益がマイナスになってしまい、これでは意味がなくなってしまいます。

『WINDING ROAD FX』の勝率は画面上部の成績を見ていただいても分かるのですが、 通算成績を平均すると、60〜70%程度になります。

(※2017年4月〜2017年9月までの期間中の平均勝率は66.9%)

この裁量手法をマスターしていただければ、滝澤さんと同じように安定して60〜70%の勝率を実現させることができるでしょう。

そうなると、先程の例でいくと、 仮に勝率が60%と最低ラインで計算したとしても 20pips×6回-10pips×4回=+80pipsとなります。

つまり利確と損切りのルールさえしっかり守って、リスクリワードレシオを2に保ち、さらにエントリーの裁量を身につけてさえいただければ利益を増やすことができるということです。

くれぐれも、エントリー時に操作ミスなどは起こさないようにしてくださいね。

では具体的にどういった手順でトレードをする流れになるのかについてご説明させていただきます。

やることは意外にシンプルです。

ただし、何度も申し上げたとおり、このルールに従って繰り返しエントリーを行い、そして裁量を身に着けていただくというのが絶対条件です。

この手法はすでに滝澤さんを含めた多くの教え子が実践して、結果を出してきた利益を残すための手法です。

しっかりとこの流れに従って、繰り返し何度もエントリーを行って、 勝率を上げるようにしてください。

そうすれば、きっと結果を出せるようになるでしょう。

それでは、実際に『WINDING ROAD FX』の手法を継続的に実践してくれた教え子の結果を、ここでお見せしましょう。

具体的にどんな形で利益が増えていっているのかご理解いただけると思います。

すでにここまでの説明だけでも十分にお分かり頂けたかと思いますが、 滝澤さんの場合は、ほぼ毎日のようにチャートと向き合いトレードする日々を送っています。

余程、大事な予定がない限り、チャートをチェックしない日はありません。

この世の中に滝澤さん以上に優秀な経歴や実績を持ったトレーダーは巨万といるはずです。

ただ、それが..

これに当てはまるトレーダーもきっと少なくはないはずです。

むしろ、大半のトレーダーがこのカテゴリに属していることになるのではないでしょうか。

そう考えたときに、滝澤さんには誰にも負けないセールスポイントがあります。

それは、『常にあなたと同じ目線でアドバイスできる』ということです。

的確なアドバイスというものは、そのタイミング・状況に応じた回答でないとあまり意味がないものだと滝澤さんは考えています。

仮に滝澤さんが誰かにアドバイスを求めるときに、その相手が今現在トレードをしていないと思ったら信用できません…。

だからこそ、滝澤さんの場合は実践者様に対して定期的にアンケート調査を行い、より濃い情報提供ができるように心掛けています。

実践していただくトレード手法がシンプルだからこそ、 あなたに対するアドバイスもシンプル且つ的確である必要があります。

そうでないと、トレードだけに集中していただけるような環境を提供することなんてできません。

ここまでお読みいただいて、いかがでしたでしょうか?

何度も繰り返しお伝えしますが、今回滝澤さんがあなたに公開するトレード手法は、エントリーの騙しを少しでも少なくするため、 裁量判断を身に着けていただくことが一番大切です。

最初のうちはデモトレードでいいので、 しっかりと検証しながらトレードしてみてください。

もちろん、デモトレードでの検証時も滝澤さんがサポート致しますのでご安心ください。

それではここで、これまでお伝えしてきた 『WINDING ROAD FX』の特徴を簡単におさらいさせていただきます。

滝澤さんの手法は、騙しのエントリーをいかに回避するかということ、そして、利益をしっかりと残せるというところにフォーカスして研究に研究を重ねて作り上げてきた手法です。

・エントリー時の判断を誤らないこと
・損切り
・利確ルールをしっかりと守ること

この2つを徹底してください。

そうすれば、リスクリワードレシオ「2」で 勝率60~70%を実現することができるようになるでしょう。

滝澤さんは過去、様々なFX商材やインディケーターを試してきました。

しかし滝澤さんが頭を一切使わないで、勝てたものは1つもありませんでした。

その当時は、サラリーマン時代にコツコツと毎月貯金していた大事な資金をほぼ使い果たしてしまい、 最終的には200万円近くの授業料を支払ってしまった自分を悔やみましたが、実際にFXで勝てるようになってからは過去を振り返らないようになりました。

さらに言うならば、いざ稼げるようになると、日々のトレードに集中することだけに必死になり過去を振り返っているような余裕なんてなくなると思います。

今までの損失を挽回できる最大のチャンスなわけですから当然かもしれません。

あなたにも、是非その感覚を味わっていただきたいです。

FXトレードで勝ち続けるためには、インディケーターだけに頼ってはいけない..

必ずご自身の判断でトレードができることが稼げるトレーダーになるための最短の道であるということを理解してください。

「では、自分の判断でトレードができるようになるためには、具体的に何をどう身につければいいのだろうか?」 恐らくあなたの頭の中にはこのような疑問が浮かんだかと思います。

先程ご紹介差し上げた滝澤さんの教え子たちも、 滝澤さんからFXトレードを学ぶ前には全く同じ疑問を持っていました。

何せ、これまで散々FX商材を購入しては失敗を繰り返してきたのですから、急に頭を使って自分の判断でトレードしろと言われても、何から手を付けていいのか全くわかっていない状況でした。

恐らく今のあなたも彼らと全く同じ状態かもしれません。

しかし、ご安心ください!滝澤さん 私は最短ルートであなたに自分の判断でFXトレードができるように サポートすることができると断言致します。

当然ここまで言い切れるのには、ちゃんとした理由があります。

それは滝澤さんが一流トレーダーのように、最初から自分の判断でトレードできるような優秀な人間ではなかったからです。

滝澤さん自身も、大量のFX商材を買い漁り、勝たせてくれるインディケーターを探し周り、自分の頭で考えるということを一切行っていませんでした。

世の中のほとんどのFX商材が、「サインに従えば勝てる」とか、「このルールに従ってトレードすれば勝てる」ということが書かれているため、頭で考えるということを放棄していました。

しかし、恐らくあなたもすでに経験済みかと思いますが、素直に書いてあるとおりに実践したとしても、正直勝てた試しがありません。

先程もお伝えしたとおり、滝澤さんはこのまま闇雲にFX商材を購入しても FXで勝てないと感じたため、自分のトレードを見直すようになり、自分の頭で考えて、自分の判断でトレードを行うようになって、 ようやくFXトレードで勝てるようになりました。

少し話しが脱線気味になってしまいましたが、滝澤さんがあなたをFXトレードで勝てるようにサポートできる理由はここにあります。

滝澤さんは今のあなたの状態を経験しており、FXで勝てない理由を知っています。

そして、数々のFX商材にお金を吸い取られ続ける泥沼のような状態から抜け出し自分の判断でトレードができるようになるか、身をもって経験しています。

ですので、滝澤さんはあなたを自分の判断でFXトレードができるように全力でサポートすることができると言い切れるのです。

また、数はそれほど多くないにしても、その方法をお伝えすることで、これまで滝澤さんと同じようにFX商材を買い漁っていた人たちにFXトレードで勝てるようになってもらっているという実績もあります。

教え子たちを指導していく中で、カリキュラムも随時ブラッシュアップしており、今では初めてFXトレードを行う人も、十分自分の裁量でトレードを行うことができる仕組みを作り上げることができました。

ここには滝澤さんが培ってきた最短でFXトレードを学ぶためのコンテンツを 順序立てておさめられています。

先程お見せしたアンケートのように、常に教え子の状況を確認して、 どうすれば分かりやすく・最短でFXトレードが身につけられるかを 考えに考え抜いた内容になっています。

順番にそって学習していけば、 滝澤さんの教え子と同じように自分の判断でFXトレードできるようになるでしょう。

もちろんカリキュラムの他にも、実際の教え子から上がってきた 具体的な質問とその回答なども追加でアップデートしていきますので 常にリアルタイムの情報をキャッチしながら安心して学習することが可能です。

また、カリキュラムにも当然力を入れているのですが、それ以上力を入れていると言っても過言ではないのがサポート体制です。

『トリプルサポートって何?』と、きっと疑問に思われていることでしょう。

商品によって、メールサポートのみのもの、メールサポートと電話サポートが付属しているものなど、さまざまです。

ただ単にサポート期間を長くすれば良いというものではなく、最も重要なのは、お客様が理想とするアドバイスを受けるには 「どのサポート手段を利用するのか?」を自由に選択できる環境だと思っています。

お客様の興味を引くために、 無期限サポート・マンツーマンサポート・面談回数無制限などと謳った商品が最近では少なくありません。

だからこそ、滝澤さんの場合はお互いのモチベーション・集中力が持続できる サポート環境とサポート期間というポイントに着目して、3つのサポート体制を導入させていただきました。

3つのサポートを上手く使い分けながらご利用いただくことで より効率的に時間を活用できるはずです。

本来であれば、180日間もサポートを利用する必要がないくらい コンテンツをきっちり作り上げているので おそらく大半のお客様が、60日程度のサポートで事足りるかと思います。

ただ、中にはサポート期間が短いと精神的に不安だという お客様もいらっしゃるかと思い、かなりゆとりをもって180日間に設定致しました。

是非、有効的にご活用ください。

基本的にこれまでお伝えしたコンテンツとサポートがあれば、 十分滝澤さんのノウハウは実践していただける自信があります。

実際に滝澤さんの教え子たちはこのコンテンツで十二分に結果を出してきました。

ただこれからさらに教え子が増えていくと、これまででは想像できなかった部分でつまずいてしまったり、フォローが必要だったりするかもしれません。

そこで、『WINDING ROAD FX』の手法を実践するにあたり、追加で知っておいたほうがよい情報だったりノウハウを 受講生の方々の状況を見ながら随時追加していきたいと考えています。

FXトレードをするにあたり、

・追加で知っておくべき知識やノウハウ ・ノウハウをより発展させるための手法

などなど… お客様が、「最も」「高い」価値を感じていただける、最高の特典コンテンツをご用意させていただきます。

お店で販売されている一般の家電商品や自動車といった商品は、常にお客様の声を取り入れ、改良・改善しているのが当たり前です。

FX商材は一度コンテンツを作ってしまったらそれで終了…

というものが多いですが、 滝澤さんはこうした商品を販売する以上、お客様の満足度が少しでも上がるように 常に商品を改良していくべきだと考えています。

ですので、特典については、受講生の皆様のご意見をいただきながら、常に改良や追加を行っていきますので、お客様には最高の状態で 『WINDING ROAD FX』を実践いただけることをお約束致します。

『WINDING ROAD FX』を手にしていただいたお客様全員に 無料でプレゼントさせていただくコンテンツになります。

こちらのコンテンツは、他社様の商品の場合通常20万円〜50万円ほどで提供されているコンテンツレベルだと思います。

ただ、滝澤さんとしても実際にトレードしている姿をお見せしたいという気持ちと、現在進行形でリアルにトレードしている人間であるということをちゃんと証明したいという気持ちから、提供を決めた特典コンテンツになります。

(FXに関する備考)

将来的にFXを始めようという人や、他のFX会社を使ってみようかと思い悩んでいる人を対象にして、日本で営業しているFX会社を比較し、各項目をレビューしています。是非参考にしてください。

MT4という名で呼ばれているものは、ロシアの会社が企画・製造したFXのトレーディングツールになります。無償で利用することが可能で、おまけに超高性能ですので、ここ最近FXトレーダーからの注目度も上がっているようです。

方向性がはっきりしやすい時間帯を見定めて、その波に乗るというのがトレードに取り組む上での基本的な考え方です。

デイトレードは当たり前として、「心を落ち着かせる」「得意とする相場パターンで売買する」というのは、どういったトレード法でやるにしても決して忘れてはいけないポイントです。

システムトレードと言いますのは、そのプログラムとそれを完璧に稼働させるPCがあまりにも高額だったため、ひと昔前まではある程度余裕資金のある投資家だけが行なっていたようです。

テクニカル分析を行なう際に重要なことは、何よりも貴方にしっくりくるチャートを見つけることだと断言します。そしてそれをリピートする中で、自分自身の売買法則を作り上げることが大事です。

チャート調べる際に重要になると言えるのが、テクニカル分析なのです。こちらのサイトでは、諸々あるテクニカル分析のやり方を順番に具体的に説明させて頂いております。

相場のトレンドも把握できていない状態での短期取引ということになれば、リスクが大き過ぎます。とにもかくにもハイレベルなテクニックが必要ですから、まだまだ駆け出しの人にはスキャルピングは止めるべきだと言いたいです。

スキャルピングにつきましては、本当に短時間の値動きを繰り返し利用する取引ですので、値動きがある程度あることと、「売り・買い」の回数がとても増えるのが一般的ですから、取引に掛かる経費が少ない通貨ペアを対象にすることが重要だと言えます。

レバレッジについては、FXをやり進める中で常に活用されているシステムだとされていますが、投下できる資金以上のトレードができますから、それほど多くない証拠金ですごい利益を生み出すことも望めます。

ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションと申しますのは、買いまたは売りの取り引きをした後、約定しないでその状態を保っている注文のことなのです。

テクニカル分析実施法としては、大きく分けると2通りあります。チャートに転記された内容を「人の目で分析する」というものと、「分析プログラムがオートマチックに分析する」というものです。

小さな額の証拠金によって大きな売買が可能なレバレッジではありますが、想定している通りに値が進んでくれればそれに応じた利益を得ることができますが、反対の場合はすごい被害を受けることになります。

買い値と売り値にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社の他に銀行においても別の名前で取り入れています。しかも驚くでしょうが、その手数料たるやFX会社の200倍程度というところがかなり見られます。

FX口座開設をしたら、本当に売買を始めなくてもチャートなどを活用することができますから、「先ずはFXについて学びたい」などと言う方も、開設して損はありません。

FX会社に入金される収益はスプレッドが生み出していると言えるのですが、例えば南アフリカ・ランドと日本円のトレードの場合、FX会社はお客さんに対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用することになります。


『WINDING ROAD FX』の著者・講師:滝澤伸悟
販売業者・運営統括責任者:合同会社サンライズ

 

滝澤伸悟プロデュース -WINDING ROAD FX-

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

滝澤伸悟プロデュース WINDING ROAD FXの感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。


Copyright(C) キャッシュバック≠感想・評価レビュー買取.com