レイチェルボリンジャー」が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

8,000円をお振込みいたします!

レイチェルボリンジャー

ご購入はこちらから

レイチェルボリンジャー」を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

8,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内
ご購入はこちらから

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

レイチェルボリンジャー」の商品概要:

レイチェルボリンジャー開発のコンセプトはトレンドフォローからの逆張り。

ロジックの基本構造は誰にも”小手先テクニック”とは言わせない、長年の相場研究から到達した先行姉妹品「ジャッキーボリンジャー」が原点で、本作はそこに積極性+αを取り入れて設計しました。

“トレンドフォロー”と”逆張り”というのは一見矛盾した言葉ですが、「エントリーポイントに関して長期のトレンドに逆らわずより安く買ってより高く売るには?」という目的から到達したまさに究極的とも言える売買ロジックです。

トレンドからの一時的な逆行をキャッチし、いわば押し目買い・戻り売りのタイミングを一手先にアプローチする戦略です。

テクニカルが売買ポイントを感知するとまずファーストポジションを成行発注、絶妙かつ理想的なポイントでポジションを取りに行きます。

トレンドからの乖離が短期的に過熱したならば、カウンタートレンドで追撃的にセカンドポジションを成行で取りに行きます。こちらは頻繁ではありません。

レイチェルボリンジャーは利用するテクニカルルールを限界までシンプルにし、パラメーター設定値に理論値を取り入れるなど、徹底的にカーブフィッティングを排除しにいったところも強みです。

決済は、短く手放さず長く保有させすぎないことを要点に設計。
損益比率は低めだが高勝率(60%以上)でしっかりカバーする勝ち逃げ戦略になっています。

ズバリ不安要素はあります。
しかし、それを十分にカバーする要素をこのパッケージでは揃えています。

また、相場に絶対がないってことはよく言われることで私も同感します。
自動売買であろうが、シグナルトレードであろうが、裁量トレードであろうが、 相場に挑んで利益を求めに向かうリスクは戦略に関わらず共通します。

どんな相場にも完全対応した万能戦略(=聖杯)なんて存在しません。

自動売買やシグナルツールに頼って勝ち続けることが相場の構造上不可能とか、小手先テクニックと見下した挙句それらを頼るのはトレーダーの恥だとか、 どこにそんな根拠があるのだろう?なんて失笑してしまうことを言う人もたまにいます。

いったい、いつの時代の話を”まだ”しているの?と呆れてしまいそうですが、人それぞれ考えがあるのですからどう捉えるかは受け手次第とは思います…。 しかし、システムトレード(自動売買)が所詮そんなものだったら、なぜ今でも活況の域にあるんでしょう?

自動売買で勝ち続けることができないのではなく、勝ち続けるための物理的・心理的準備が足りないだけなのです。 結局勝てない人は自動売買を使おうが、裁量を学ぼうが何をやっても勝てません。

聖杯は道具にあらず、人の内面で育てるものなのです。

システムトレードの歴史は長く、1970年代にはNY証券取引所にて使われており、日本では1980年代に導入され研究と運用が重ねられて今に至る経緯があります。

FXにおいては解禁された1998年からですが、それでも十分長い歴史がある=活用され続けていることは覚えておいてください。

勝ち続けることを不可能にするのは相場の構造などではなく、トレードを継続する環境やマネージメントやメンタルのトータルバランスが崩れている、或いは整っていないことにあります。

なんだかスゴそうな人の教えでトレードを学んでも、本人に腰を据えて毎日トレードする時間がなければ意味がなく、 裁量いるけど精度の高いシグナルトレードを選択しても、忙しくてトレードする日も時間もまばらであれば意味がありません。

その手段で勝ち続けられるかどうかは「人間の行動」に強く依存しているのです。 自動売買であれば、忙しくても時間や環境に捉われることなくトレードできますし、 負の結果を出してしまう人間の行動(感情に左右される行動)を大きく抑制することができます。

それこそ、夢や願望は強くても、まともにトレードする時間も余裕も根気もないような人たちに対して、現実的に駆使できそうもないような必要・不要な知識をたくさん披露し、 「専業トレーダーになって羽ばたこう!」的なことを気軽に言える人が、個人的にはなんとも恐ろしく聞こえます。

私は裁量トレードを否定しているのではありません。
私自身、裁量トレードは相場に挑む装備の一つとして揃えています。 もちろん、駆使できるようになるまでみっちり2年以上(兼業1年以上/独立して1年)は必要でしたけど…。

知識を積み重ねることは裁量もシステムも駆使する自立したトレーダーになるには大事な要素ですが、 時間や環境など物理的に不利な状況にあるとか、メンタルがどうしても弱い自覚があるならば、まずは自動売買を選択する方が近道だと思うのです。

最後に、レイチェルボリンジャーに潜む不安要素を払拭しましょう。

●まず自動売買(市販EA)全般にある最も大きな問題はブラックボックスに包まれてルールが謎なシステム(ほぼ全ての一般販売されているものがコレ)であること。 それらを過去の成績だけの期待値に依存して使うことは、過信や誤信を招くので危険です。
→レイチェルボリンジャーではルールを公開しているから安心です。

●次に、指定口座開設が前提の自動売買。これは販売者とブローカーとの契約で、そのシステム(EA)を使って売買されれば、利用者が勝とうが負けようが販売者に手数料収入が行くようになってるものです (ちなみにその仕組み自体が悪いのではなく、日本では販売者に投資助言・代理業の登録がなければ違法なのです)

そこに潜む不安要素は、売買頻度アップを主目的として作られ、まとまった勝ちも負けもしない”調整システム”である可能性があることです。
→レイチェルボリンジャーでは口座縛りなしなので安心です。

●最後に、悪質なカーブフィッティングが施されているもの。
これは極めて悪質で論外なんですが、”成績が悪かった時期を無秩序に選んで”トレードしないように”プログラミングし直してパフォーマンスを偽装してるもの。 無秩序とは、「毎年12月はトレードしない」のような秩序あるものではなく、例えば「2009年は3月と5月、2013年は5月10~25日と8月…」のようなもので、もう犯罪レベルですね(^ ^;)

これはそのシステムを買った上で検証し、過去と現在のパフォーマンスをよ~くチェックしないとわかりません。 ロジック非公開とされてるはずなので見つけられないかも…。
→レイチェルボリンジャーは私自身が使うために開発しました。そんな最低仕様は無意味の極み!
これまでもこれからも実装確率0%断言しますので安心です。

長くなりましたが、自動売買について私が主張したいことをまとめました。
ぜひ参考にして頂き、レイチェルボリンジャーで時間やメンタルに余裕のないあなたでも継続できるトレードの準備をしてください!

まずはこちら、”レイチェルボリンジャー”というMT4専用の自動売買ツール(EA)の本体になります。

これまで自動売買に懐疑的だった方はこれで見方が変わるでしょうし、 自動売買を活用されている方はさらなる強力な戦略を手にすることになるでしょう。

裁量のみや手動売買が必須なシグナルツールには誰もが同じような結果を出せる再現性に乏しいのが現実。自動売買こそがそれを現実にする術であることをあなたは知るでしょう(※)

このEAをMT4に簡単にインストールすることで自動売買が可能になります。
まだMT4採用業者をご利用でない場合、デモ口座でも稼動しますのでご準備ください。

(※)ブローカーの違い、パソコンやインターネット接続の状況、MT4の発注処理や利用状況など物理的な要因で多少の違いとなる可能性はあります。 誰もが100%同じ売買結果になることを保障するものではありません。
※画像はイメージです。

本書はまず、初心者の方でもわかりやすいよう図解付きで解説したインストールやセッティングマニュアルからはじまります。

そして調整可能な各種パラメーターの全役割り解説、本マニュアル最大のキモとなるトレードロジックの詳細解説をまとめました。

「トレード手法の詳細解説があっても売買は手動」、「売買は自動でもトレードルールの解説はほぼ皆無」… 実は多くの人がトレードを続けられない物理的・心理的理由がそれらに潜んでいることに気づいていません。

レイチェルボリンジャーはその壁を打ち破り、あなたが継続して勝てるトレーダーになることだけにフォーカスしています。 これまでの自身のトレードへの向き合い方がガラっと変わるかもしれません。

マニュアル後半では、あなたがEAを駆使する”オートマチックトレーダー”にとして進化するべく、「負のデータを把握する重要性」「相場のカルマ」「PF最適値ってどのへんだろう?」といった考察レポートも書き上げました。

世界100カ国4000万人以上(2013年時点)が利用する、名実ともに群を抜いて優れたFX取引ソフトウェアのMT4(メタトレーダー4)

今ではこの存在を知らないFXトレーダーはいないのではないでしょうか? MT4が他のFX取引ソフトウェアに比べて圧倒的に便利で強力なものであることはすでに証明されています。

はじめてMT4を扱う方でもこの導入マニュアルがあるから大丈夫です。
機能満載のソフトウェアですが、本書ではインストールから基本的な使い方を解説しています。

EAを手にしたらまずその過去のパフォーマンスを自分の目で確かめるための”バックテスト”は重要かつ必要不可欠です。

いくつかの設定をしてスタートボタンを押すだけで過去何年もの期間をさかのぼって「テストトレード」するのがバックテスト。 資金量やロット数をあなたにあったものに設定すると、より現実的なシミュレーションをすることが可能です。

レイチェルボリンジャーでもバックテストが可能になっていますので、ぜひこのEAが過去どのような優秀なトレードをしてきたものなのかご実感ください。

本書では簡単にできるバックテストの方法をわかりやすく解説しています。

一般的に市販されている自動売買プログラム(EA)は、そのルールが明かされていないため、どんなテクニカルインディケーターが使われて、 いつどんなタイミングでエントリーあるいはクローズするのか不明です。

しかし、すでにご説明したようにレイチェルボリンジャーではそのルールをマニュアルで公開しています。

このMT4テンプレートにはあらかじめレイチェルボリンジャーが使うテクニカルインディケーターがセットしてありますので、 あなたのチャートに数ステップで反映するだけでOK。

もうこれで不安に包まれた自動売買でのトレードがバカらしくなってしまうでしょう!

便利系の補助ツール、複数EAに同時対応した注文レポート送信用のEA「Mr.MailMe」を特別にお付けします。

EAが「指値や成行で新規注文した時」、「指値注文に約定した時」、そして「決済した時」にレポートをメール送信します。 メールを携帯に転送設定しておけば、外出先でもEAの仕事っぷりをMr.MailMeがお知らせ!

複数EAでポートフォリオを組んで運用する際にも役立つツールです。

●送信されるレポート内容
[任意]ブローカー名・口座名・口座番号・口座残高・使用証拠金・スワップ(決済)
[固定]EA名・通貨ペア・注文種類・注文数量・レート・オープン値(決済)・クローズ値(決済)・ 損益(決済)・ストップ・リミット・口座含み損益・オープン日時・クローズ日時(決済)・注文番号

専用メールによるサポートをご購入後から1年間ご利用いただけます。回数や制限はありません。

詳しいサポート内容と方法はマニュアルをご確認ください。
もし1年を過ぎてしまっても、まだレイチェルボリンジャーが販売中であれば可能な限り対応します。お気軽にご連絡ください。

オフィシャルメールマガジン「PFバックヤード」に登録させて頂きます。
トレンドストリームからの最新情報やアップデート、重要なお知らせなどを不定期配信いたします。

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

レイチェルボリンジャーのご感想を8,000円で買取!の感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠感想・評価レビュー買取.com