バレーボール練習改革~弱くても勝てるチームの作り方~』が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

4,000円をお振込みいたします!

バレーボール練習改革~弱くても勝てるチームの作り方~

ご購入はこちらから

バレーボール練習改革』を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

4,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内
ご購入はこちらから

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

『バレーボール練習改革』の口コミ感想・実践結果の検証評価レビュー掲示板:

以下は、『バレーボール練習改革』を実際にご購入された方が、1カ月間以上サービスやサポートを使用し、その効果や感想をまとめていただいたレビューになります。

『バレーボール練習改革』よりも『驚異のバレーボール上達法』のほうがおすすめ

男性ユーザーからの評判 群馬県 40代 男性 のご購入者様からの検証評価

知り合いが運営していたママさんバレーのチームに本格的に関与するようになりました。

チーム内では未経験者が圧倒的に多い上に、試合では負け続きということで、何かいい改善方法・練習方法がないかという問題を解決するヒントのようなものが得られればという動機で、この「バレーボール練習改革」を購入しました。

商材を購入して一通りDVDを観てみた感じ、確かにトレーニング方法は豊富に取り上げてあり、これを徹底的に実践し、応用することで、チーム力を向上させることは不可能ではないと思われます。

ただし、DVDにあることをきちんと実践できるためには、「チームのメンバーの大半が、基礎的な技術をきちんと身に付けていて、かつ、向上心をもって練習に取り組む姿勢がきちんと身に付いている」という前提条件がそのチームに備わっていることが必要不可欠です。

その前提条件を満たしているような状態でないと、このような商材を買ってもあまり意味がないと思われます。

しかも、アフターフォローが一切ないというのは不満が残ります。

この「バレーボール練習改革」はあくまでも「チームのメンバーがある程度基礎的な技術は身に付いているが、具体的にどう練習していいかわからない」というレベルのチーム向けの商材です。

私が関与しているチームのように「基礎的な技術すらままならず、メンバーの大半がやる気もない」という状態ではまず買うべきではありませんし、買っても効果は望めません。

バレーボールの基礎的な技術を身に付けるための具体的な方法論は、「驚異のバレーボール上達法」という商材の方が大いに参考になります。


 

バレーボール練習改革』の特徴考察・検証評価

「とくに“選手目線”で教えられるかが大切」

難しい言葉で厳しく指導しても、選手は理解できず結果がついてきません。むしろ苦手になってしまう可能性もあります。

では、具体的にどのようなトレーニングが効果的なのでしょうか?

◆練習メニューの最初にお勧め!肩慣らしのウォームアップ法とは?

イメージ画像エンドラインキャッチボールを軽視してはいけません。「投げる&捕球」はバレーボールと決して無関係ではありません。アンダーハンドパス、オーバーハンドパスの感覚をしっかり体で覚えることが第一の目的です。

◆「オフ・ザ・ボール」の判断力の強化策。初心者チームにとっておきの練習方法とは?

このDVDでのプログラムの後半では、徹底的にオフ・ザ・ボールの“動き”を多様なパターンで鍛えます。難易度の高いトレーニングもいくつかありますが、試合を想定した実戦的な練習でしか、その動きと判断力を磨く術はありません。しっかり反復練習すべき内容を紹介します。

◆アタッカーが喜ぶ、スパイクを打ちやすいトスの上げ方とは?

イメージ画像縦の2対2の練習方法を使いましょう。パートナーがレシーブを受ける位置を前と後ろで変化させたうえで、セッターがトスの高さと位置を判断できるようになる方法です。スパイクを打つ選手が助走から間に合う位置を判断できるようになるまで、反復が必要です。

◆スパイク、レシーブ、パス、一石三鳥上達法!ネットの感覚も身につく「P-S-Hドリル」とは?

パス、セット、ヒット。それらをただ漫然と練習に取り入れているだけの選手、チームがあります。一方、それぞれの流れ、制球、さらにヒット(スパイク)が、ネットにならない感覚をしっかり意識しながら実践しているチームがあります。両者の差は歴然と表れます。このDVDを繰り返し見て練習することでその意味が分かります。

◆レセプション、サーブカットが苦手なチームを、短期間で上達させた方法とは?

イメージ画像ボールの正面に寄り切れない選手がいると、レセプションは効果的には上達しません。体の外、ボールに力の入らない位置で触れている選手が問題です。ウォーミングアップの中で、意識すべき練習方法をご紹介しましょう。

◆試合でボールがつながらない弱小ママさんクラブにお勧め、3vs3での練習パターンとは?

バックコートでのラリーをしっかり身につける練習法が必要です。まずゆっくりでも構わないのでラリーを続ける練習をした後で、1本ごとにローテーションをする方法をお見せしましょう。まず易しいレベルでのパターンをお見せしましょう。

◆試合結果の差は歴然!一人一人の役割を把握しているチームとそうでないチームの違いとは?

イメージ画像4vs4 ノーマルなパターンでのフロントコートの守備を練習するメニューの中で考えます。各選手の役割分担をはっきりとさせるための取り決めを学びましょう。頭でわかっただけではNGです。実際に選手の俊敏な動き方を詳しく解説しました。

◆実は勝つチームの共通項、選手みんなが良いトスを上げられるチームの練習法とは?

イメージ画像ブロックを飛んで、セッターがレシーブをしたケースでは、トスを上げるのは誰でしょうか?

他の誰もがトスを上げられるチームは、圧倒的に上手いセッターがただ一人だけいるチームよりも、実は試合では結果が出るのです。4vs4のトレーニングを、ローテーションで行うトレーニングパターンで身につけてください。

◆「上手いチーム」イコール「試合に勝てるチーム」ではない!その理由とは?

「勝てるチーム」と「上手いチーム」は似て非なるものですね。実際の試合でも格上に勝てるチーム、競り合いに強いチームは、確かな実戦力を持っています。このDVDを反復して学び、練習に取り入れていけばその理由は明らかになるでしょう。

◆狭い体育館で大人数でもできる、試合感覚を効果的にアップする方法とは?

イメージ画像コートを二分割、または三分割して行う縦の2vs2でのトレーニングを説明しました。ブロックを置かない最も基本的な練習方法を実践してもらいましょう。

◆1対1、2人でもできるオーバー&アンダーハンドパスのコントロールアップ術とは?

イメージ画像どんなパスも、さらにスパイク、サーブでも、全ての動作でボールをコントロールすることを意識した練習をやっている選手と、そうでない選手では上達にきわめて大きな差が出ます。

◆試合本番でも活かせる、コーチ・顧問がいなくても出来る基礎練習メニューとは?

ゲームに近い状況で練習する方法をこのDVDでたくさん紹介しましょう。DVDの前半ではウォーミングアップの中で実践すべきトレーニングを数多くお見せします。中学生だけで実践出来るものばかりです。

◆殆どの弱小チームは知らない、クイックが得意なチームの練習法とは?

イメージ画像5vs5のトレーニング方法には、バックコートを守る練習方法があります。前衛2枚、バック3枚でのパターンです。このタイプこそが速い攻撃をレベルアップし、MBの動きを上達させ、セッターの判断力すなわち「クイックか?バックアタックか?」の判断でラリーを続ける力を養成できます。

◆ウォームアップの最終段階でお勧めのスパイク練習とは?

6m付近からのスパイク練習方法を紹介しましょう。正面に入り、直上に上げるトレーニングです。ステップアップして、ネットを超える感覚をつかみましょう。

◆サーブとスパイクの上達に一石二鳥、初心者に効果抜群の動作矯正方法とは?

イメージ画像ボールをしっかり遠くへ投げることができる能力を習得させてください。エンドラインキャッチボールの応用練習を行うと効果抜群です。さらに会場が変わることによる距離感、天井の高さへの適応力も磨かれますので、しっかり練習してほしいメニューです。

◆上達が遅かった女子中学生でも、短期間に「スパイク」をマスターした方法とは?

イメージ画像日々のルーティーン練習に取り入れなければならない「1VS 1」、即ち2人でも可能な、アタックラインからのスパイク指導にはコツがあります。6m近辺からの打法とは異なった方法で、基礎スキルを身につけなければなりません。動画で詳しくお見せしましょう。
レシーブが下手な選手の共通点とその矯正方法とは?

レシーブしたボールが上手く上がらない中学生を良く見かけますが、そのほとんどがレシーブ技術の問題ではなく、「ポジション取り」の問題であることが特徴です。ボールキャッチできる位置に入ること、そしてキャッチの技術を磨くことがポイントです。DVDではその練習を詳説しました。

◆アウトボールを取らない判断が全く出来ない中学生向けの指導法とは?

イメージ画像縦の2対2でのユニークな練習方法です。レシーブ(スパイク)、そしてセッターの役割を全て身につけることが出来るトレーニングです。ブロック無し、ブロック有りでのバリエーションがあり、習得度に応じて実践してもらいたいパターンを教えましょう。DVD内での動き方から目を離さないでください。

◆スパイク指導に効果抜群のアタックラインで行うドリルとは?

イメージ画像アタックラインからスパイクを打つトレーニングは、スパイク練習に効果があるだけでなく、エンドラインからのネットを確実に超えるオーバーハンドサーブの能力にも直結します。P-S-Hドリルを応用した方法を紹介しましょう。
弱いチームの共通点、バックコートへ飛んでくるボールのレシーブを得意にするトレーニングとは?

通常3人で守ることが多いので、3vs3 で行うトレーニングをやらせましょう。必ずバックアタックで行い、正確にバックコートでレシーブする練習をさせれば、バックコートを堅く守ることが出来るようになるでしょう。

◆中学生レベルにお勧め、ネットに掛からないスパイク習得のために最初にやることとは?

イメージ画像コートの半分の位置から、レセプション、トス、スパイクという一連の正しい流れを中学生には体得させる必要があります。サーブの距離を調節して、クイック攻撃、またはバックアタックの基礎を身につけるためにも極めて重要な練習方法です。

◆目も当てられない程、質が低かったサーブの精度を、驚く程短期間で改善させた方法とは?

まずしっかりレシーブを直上に上げトスすること。そして1対1のペアにスパイクでコントロールを付けて返球することが重要です。それが結局、精度の高いスパイクにつながります。きわめて難しいトレーニングですが、実践自体は簡単です。中学生でも反復練習を必ずさせてください。

◆驚くほど短期間にメンバー全員がトスを上げられる!その指導法とは?

イメージ画像バックコートを確実に守るためのトレーニングの中で、4vs4 ローテーションのパターンを確実に練習メニューに組み込んでもらいましょう。このトレーニング程、中学生がジュニアの内にバレーボールに必要な総合力を身につけるのに適した方法はありません。どのポジションを任されても適応できる力をここで身につけましょう。

◆上手い子が集まっているのに、試合で負けてばかりのチームに欠けていることとは?

コンビネーション、ボールを絶対に落とさない為の「チームとしての」フォローのテクニックと、判断の共有が欠落しているのです。このDVDで数多く紹介する練習を導入すれば解決します。

◆どんなに厳しいラリーが続く試合展開でも、瞬時にきっちりレシーブを上げるスキルを養成するには?

イメージ画像実戦的な守りの中で、全員がレシーブを上げることができるようになるトレーニングを詳しく解説しましょう。3vs3をまず使って、バックコートへのスパイクをノーマルにあげる力、一人1回でのトレーニングもあります。いかに二回目で返球するかという点も模範を示しながら解説しましょう。

◆勝敗に現れること必須、試合でのチーム力の差を決定付ける「切り変え」能力養成法とは?

横での2vs2のトレーニング方法を詳述しました。どちらの選手がレシーブするかを瞬時に判断する能力の習得を第一に、コートを広く使いながらレシーブのカバーの方法をお見せしましょう。結果としてチームとしての切り替えの力が身に付き勝利を得られます。

◆勝つチームが徹底している、瞬時にクイックをさばく判断力を指導するポイントとは?

イメージ画像バックコートを守るトレーニング方法を導入する際に、単に4vs4でのノーマルな練習だけでなく、4vs4でのブロック対応能力のポイントを意識させることが重要です。そして、総合的に5vs5での実戦を想定した練習に取り組みましょう。

◆強烈なスパイクへの対応が全くできないチームが、怠っているトレーニングとは?

4vs4で行うトレーニングでは徐々に難易度を上げていきますが、ライトでの強打による練習の中で4人のボールへの「判断力」の磨き方を徹底的に教えましょう。声の出し方、ボールに触れる選手と触れていない選手のフォローと連係を学べます。

◆堅守に不可欠、ボールに触れていない選手への「適切な動き」の指導法とは?

イメージ画像フロントコートをしっかりと守るためのトレーニングの中で解説しましょう。4vs4でのトレーニングパターンを、セッターを追加するか否か?で分けて行う練習で、いかにボールを落とさない為の動作を習得するのか?難易度は少し上がりますがしっかりマスターしてもらいましょう。

◆部員個々の技術水準は高いのに、試合で発揮できないチームに最適な練習とは?

バレーボールは6人のチーム技術を磨くことで、試合に勝つ力はおのずと向上していきます。1vs1、2vs2、4vs4をベースにしてのフロントコート、バックコートの守りを軸に解説をしましょう

◆高校でも少なくないスパイク苦手な女子選手にお勧めの、毎日できる練習とは?

イメージ画像練習日に必ず実践してもらいたい、ルーティーンのウォームアップも兼ねた、6m付近からのスパイク練習法をお見せしましょう。大学生に模範を示してもらいます。大学生でも実践している効果的な練習です。

◆中高生のうちに、完璧に習得すべき「レシーブ・トス・スパイク」を同時に身につけるドリルとは?

アタックラインから後方6メートルに飛んでくるボールへのレシーブ練習での、レシーブ、トス、スパイクの総合練習が効果的です。バックアタックからの緩めのスパイクで反復練習しましょう。

◆伸び悩んでいたママさんチームが強くなった分岐点、練習メニューに加えた、ある変更とは?

イメージ画像多くの中学生、高校生、成人のチームを見てきましたが、攻撃パターン、守備パターンの練習をしていても、具体的なゲームパターン想定の練習が欠けているようです。前衛の選手、バックの選手の役割を理解しているでしょうか?アタックラインを超えるボールの判断について重要なことをいくつか、4vs4ノーマルの場面を使い説明しましょう。

◆思い通りのコースへ打つ!スパイクのコントロール直結の練習方法とは?

P-S-Hドリルというものをやらせましょう。一連の流れを確実にこなす能力を少人数でも訓練できます。パスーセットーヒットドリルのことですが、選手たちにやらせる際に、意識すべき点、注意すべき点が何点かあります。このDVDで詳しくお話ししましょう。

◆効果的な攻撃に転じるために必須、コート後方へのボールの制球能力アップ方法とは?

イメージ画像ラリーを続けながら、バックコートに入ってくるボールをコントロールする場面というのは、試合中非常に多く出くわすものですね。確実に処理し、絶対に落とさないレベルにチーム力を上げれば必然と攻めるチャンスが増えます。3vs3ノーマルでの練習でご紹介しましょう。

今ご紹介させていただいたことは、あなたが手に入れる上達法の一部にすぎません。

是非、今回の、選手の目線で徹底解説している「バレーボール練習改革」を手に入れて、

•格上チームに勝つコツ•連係と判断•負ける理由を改善する練習メニュー

を体で感じられれば、バレーボールがもっと楽しくなります。

そして、

•格上チームに勝つ!•接戦に勝つ!

という理想を実現しましょう。

そうすれば、もっとバレーボールが好きになり、強くなった自分に自信が持てます。自分に自信を持てるということは、選手としても一人の人としても成長できるでしょう。

追伸:

■弱くても勝てる

この言葉は魅力的ですが、危険でもあります。なぜなら弱くても、とりあえず勝ててしまうからです。

強いチームが勝つのが本来の形なので、この方法はテクニックもたくさん盛り込まれているという事です。

バレーボールをもっと好きになる為には、まずはテクニックで勝ってみてはどうでしょうか?

という提案です。

勝てるようになってから、徐々に実力もつけて本当に強いチームになっていけばいいのかなと思っています。

勝てるようになって自信がつく → もっと練習して実力がつく

この好循環を1つでも多くのチームに届けたいと思い、このプログラムを販売することにしました。

まずは、勝ちたい!というチームの部長や指導者の方は、宜しければ手に取ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

バレーボールを愛する気持ちを、私共は応援しています。

運営統括責任者:株式会社トレンドアクア 木部泰明

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

バレーボール練習改革の感想を4,000円で買取の感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠ご感想文レビュー買取.com