グランドセオリーFX』が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

14,000円をお振込みいたします!

グランドセオリーFX

ご購入はこちらから

グランドセオリーFX』を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

14,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内
ご購入はこちらから

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

『グランドセオリーFX』の口コミ感想・実践結果の検証評価レビュー掲示板:

以下は、実際に『グランドセオリーFX』をご購入された方が、1カ月間以上サービスやサポートを使用し、その効果や感想をまとめていただいたレビューになります。

自分に最もなじめるのがグランドセオリーFXでした

男性ユーザーからの評判 愛知県 30代 男性 のご購入者様からの検証評価

グランドセオリーFXの内容は、PDFとそれにまつわる動画での解説です。

PDFも動画もチャプター1~10に分けられていて、体系的に学習することができます。

それに加えフォロー動画としていくつか提供されます。

PDFは結構な分量があるので、理解をしつつ読み切るのは結構時間がかかりました。なので、最初は動画のみを見て理解しました。

中級者以上の方なら、動画だけならかなり時間短縮して大半を理解できると思います。

それに加え、動画ではライク氏のニュアンスがよく伝わります。ライク氏は、一般に人と比べたら独特な感性をお持ちのように感じましたが、自分はそこに共感するところが多いです。

元々トレードしていた手法がグランドセオリーFXととても似ている部分がありまして、ライク氏の説明を聞いていると自然と「やっぱりそうなんだな」とうなずけるケースが多く、今まで購入してきた数多くの商材の中で、自分に最もなじめるのがグランドセオリーFXでした。

今まで購入してきた商材では、当たり前のように○○はしないといけないと教えられてきたことを、ライク氏は真逆のことを仰ったことには目から鱗でした。

ダマシが多いと感じますが、トータルプラスになってはいます。

グランドセオリーFXの手法はシンプルですが、奥が深いです。なので、自分独自の手法に応用して現在は活用しています。

男性ユーザーからの評判 岡山県 20代 男性より

「こんな商材を待っていた」というのが最初の感想です。

今までいくつかFX商材を購入し、少し実践して勝てないとすぐ次の商材を買い漁る…という悪循環に陥っていた自分にとって、グランドセオリーFXはまさに求めていた内容の商材でした。

グランドセオリーFXの中で、特に魅力を感じているのは以下の点です。

①スキャルピング・デイトレ・スイングなどトレードスタイルを限定しない。(今まで買った商材はいずれかに限定したものがほとんどだったので、ロジックを実践してうまくいかないと、ロジックの信憑性だけでなく「そもそも自分にこのトレードスタイルは向いてないのではないか?」という疑念と戦わなくてはならないので二重苦だった)

②トレンド相場にもレンジ相場にも対応できる。(今まで買った商材はいずれかに限定したものがほとんどだったので、ロジックが当てはまらない相場では指をくわえて見ていなくてはならず、こじつけでポジションを持ってしまい結局損失を出していた)

③豊富なケーススタディによって、盲目的にロジック通りにトレードするのではなく、自ら考えてトレードする本当の実力が身につく。(これは本当に驚くほどの大ボリュームです!)

④学習スタイルを限定しない。(PDFマニュアルあり、解説動画あり、音声解説ありとバランスがよく、それぞれが大ボリュームなので自分の生活スタイルに合わせてさまざまな角度から学習できる)

以前購入した商材でも「裁量トレード」や「相場の本質を見極める」という言葉をよく耳にしました。

大事なのはわかるんだけど結局どうすりゃいいの?というのが正直なところでした。

ケーススタディでは実際に著者がどこで何を考え、どういうシナリオを描いてエントリーし、決済したかがこれでもかと詰め込んであります。

負けまくっているところも恥ずかしげもなく晒しており、仕方のない負けもあれば時にはダメな負け方もあり、反省すべきとまで言ってたりと、かなり正直なので非常に好感が持てました。

「なんだ、プロでも結構負けてんじゃん!」と安心しました。

それでも最終的には損小利大を実現できており、勝つ時は負けを帳消しにするくらい大きく利益を得たりしています。

「含み益は出てるけどこのままポジションを保有すべきか否か」と誰もが葛藤する部分についても、どのように考えればいいか度々解説してくれています。

自分の身に付けた、つかみ所のない裁量技術をどうにかして言語化・体系化しようという、著者の努力と気概がうかがえます。

グランドセオリーFXのトレードスタイルとしてはかなりアグレッシブというか、少々の負けにはこだわらずロジックに当てはまったらガンガンエントリーして、エントリーサインが継続点灯しようものならどんどんポジションを積み増していくというものです。

自分なら、一度負けたら結構がっかりしてしまい、しばらく様子見してたところでも、著者の手法ではロスカットをくらった直後に入り直して損失分を利益に変えるという芸当が可能であり、目からウロコでした。

グランドセオリーFXの著者の手法・ロジックは基本的なところはかなりシンプルです(応用編になるとだんだん複雑になっていきますが)。なので、少しかじった段階ですぐ実践したくなってしまいます。

ポジポジ病の人ならきっと共感してくださることでしょう(笑)しかし、自分の場合、実践後数日間は全く勝てませんでした。

本当に一度も、です。普段なら「この商材ダメだわ」と言って投げ捨てているところでしたが、焦ってはダメだと思い、PDFマニュアルをカラー印刷し、じっくり読み込んで、フォロー動画を見つつしばらく相場を眺め、ここぞというところで入ってみると面白いほど想定通りに勝てたのです。裁量トレードとは何かが少しだけわかった気がしました。

購入後1ヶ月経過した今でも、ボリュームがありすぎてとても全てを学び切れていません。本当に盛り沢山なので、これからも継続してコツコツ学習しつつ裁量技術を高めていこうと思います。

※回し者だと思われないように、グランドセオリーFXの商材の難点も沢山挙げておきます。

・少なくとも中級~上級者向けの商材。基礎を理解していない初心者の手には余ると思う。わけがわからず投げ出してしまう人が続出するかも…。

・応用編まで含めるとガッチリとルールが決まっているわけではないので、ルールが明快でないとダメな人にはかなり煩わしい。自分で噛み砕いて、実践しつつなんとなく身に付けていくタイプの商材といえる。

・解説が感覚的なところがある(まあ裁量ってそういうものなんだろうなと理解していますが)ので、ロジカルな商材を望んでいる人には向かない。

・PDFマニュアルは特にですが、チャート画像に直接文字を書き込んで解説してあるので手作り感があり、少々荒削り。説明不足な点や誤字脱字も多い。ここでイライラしてしまう人も多いかもしれない。

・PDFマニュアルを印刷して冊子にしようとするとき、一気に両面印刷しているだけだとチャート画像と解説が見開きで見られなかったりするので、レイアウトには工夫が必要。その辺は考えられていないので、かなり不親切。

・著者の解説動画において、人によっては言葉遣いが乱暴と感じたり、チャラい、ふてぶてしいという印象を持つかもしれません。自分はあの独特の歯に衣着せぬ物言いが嫌いではない(笑)

(グランドセオリーFXは以下のような方に向いていると思いました)

・インディケーターに頼るだけの機械的なトレードでも安定して勝てると思っていたが、いくつか商材を購入してみてそれは幻想ではないかと思い始めた。

・FXの基礎的なところはもうわかったので、スキルアップを図りたい。でも細かいところまで解説した商材になかなか出会えない。

基礎用語の解説とかもう要らないからもっと「こういう場合どう判断すればいいのか」みたいなズバリの解説動画が見たい!

・ベテラントレーダーの負けトレードが見たい。勝っている所ばかり見せられても自分は下手なので同じように真似出来ないと思う。

・裁量技術は一朝一夕では身に付かないことを痛感し、どれか一つ骨太な商材を買ってそれをお供に稼げるようになりたい。

以上、全て自分なのですが…(笑)

男性ユーザーからの評判 東京都 40代 男性より

情報商材の良し悪しを判断する基準に、まず商材執筆者からリアルなトレード経験が感じられるかという事にあると個人的には思う。

中には「この人本当にこの方法でトレードしているのだろうか?」と疑問に思う事も少なからずあり、その点においてはこのグランドセオリーFXは、10数年の歳月をかけ苦労して勝てるトレーダーになった執筆者の経験と過程が如実にマニュアルの一つ一つから感じられる。

手法自体は贅肉を削ぎ落としたかのようにシンプルだが、ボリュームがあり奥が深い、それだけ密度が濃いと言える。

インジケーターに頼って勝てなかったトレーダーに最も必要なものがぎっしり詰まっており、中でも●●と呼ばれるロジックは是非吸収したいものであろう。

私はこのロジックを少し吸収しただけでも、トレードの内容が劇的に変わり成績は向上した。

もちろん全てをすぐに吸収できたわけではないが、今後何度も読み返しバイブルとしていけば、常勝トレーダーも夢ではないかもと真剣に今は思っている。

とにかく、グランドセオリーFXは本物の商材である事は間違いないので、勝てるトレーダーになりたい人は購入して損はないと思う。

男性ユーザーからの評判 新潟県 40代 男性より

【グランドセオリーFXを購入したきっかけ】

FXを始めてからしばらく経ちますが、なかなか勝てません。サイン系の商材をいくつか試してはいるのですが、どれも満足のいく結果を得られていません。

それに加えて、いわゆるポジポジ病で無駄なエントリが多く、損失が膨らんできました。

このままではいけないと思い、裁量系の商材で勉強することにしました。

そんな中、グランドセオリーFXの紹介のメールが届き、試しに購入してみました。

【グランドセオリーFXの感想】

結論から先に申しあげますと、私のレベルでは理解するのが少し難しかったというのが率直な感想です。

PDFのボリュームを読むだけでもかなりの時間がかかりました。動画に至っては見終えるのに数日かかりました。しかし、解説されている内容を、完全に理解するまでには至りませんでした。

この商材は中級者向けの商材なんだなと実感しました。まだ、私には早かったようです。

もう少し難易度の低い商材で勉強しなおそうと思いました。いずれ自分自身がレベルアップして、グランドセオリーFXに書いてあることを理解できるようになりたいものです。

男性ユーザーからの評判 愛知県 40代 男性より

グランドセオリーFXは、「FXで手軽に稼ぐ」、「簡単に稼ぐ」という気持ちで手にした場合、早いうちに100%の確率で挫折すると思います。

この商材を手に取る場合は、本気で「裁量トレードのスキルを手に入れるんだ!」という気持ちが不可欠です。

PDFと動画でチャートを多く使って解説されており、一通りするだけでも、相当な時間を要します。

そして、FX本番に入っても、繰り返し読み続けていくことが重要だと思います。

また、挫折する原因として、どの商材にも言えることだと思いますが、その商材の手法を信じられなくなるということがあげられると思います。

2連敗、3連敗、4連敗・・・すると。

その不安を解消するためにも、どんな商材にも言えることですが、検証トレードが重要です。

検証し、何度も練習でエントリーすることで、自分だけの得意な通貨や時間帯が見えてくると思います。

基本的な部分(用語など)は、簡単な書籍などで勉強の必要があるかもしれませんが、それ以降の学習は、このグランドセオリーFXだけで良いのでは・・・という感想です。

ただし、初めにも言いましたが、生半可な気持ちで手に取ると、100%挫折してしまうと思います。

きちんと本質を学んで実力を付けたいという方には、おすすめの教材です。

男性ユーザーからの評判 東京都 50代 男性より

グランドセオリーFXは、ある程度FX経験があり、更に裁量スキルを高めたいという方には凄く為になる教材ですが、サインツールで楽して儲けたい(実際にはそんなものありませんが・・)という人には向いてません。

動画やPDFもかなりの量がありますし、作者のライク氏の直感的裁量テクニックもふんだんに盛り込まれていますので、かなり気合をいれて取り掛からないと無駄になります。

逆に言えば、それだけ学ぶべき点が多く、既に自分のロジックを駆使して収益をあげているトレーダー(私もそうですが)にとっても、ライク氏の相場観やロジックはとても勉強になるし、何といっても刺激的です。

ローソク足形状やその組み合わせ(ライク氏による独自のネーミングも覚えやすいです(笑))による相場の優位性判断や、さらにラインを組み合わせて、トレンドとレンジに対応させたグランドセオリーFXの相場観は、絶対マスターしたくなるような内容です。

購入後も追加動画や音声ファイルにてライク氏自身によるサポートがあり、ストレートな氏の語りは聞いていて小気味よさを感じます。

これからFXを極めたい!永くFXで稼ぎたいという人には、グランドセオリーFXが絶対オススメです。

ご購入はこちらから

グランドセオリーFX』の特徴考察・検証評価

FXできちんと稼ぎたいのならば「トレードの勉強法」を学ぶのは必須です。

そもそもFXで収入を得ると決意しているのに、学び方を適当にやるのはあまりにも無謀です。

FXの教材などでフォーカスされるのが、ほとんどが手法かロジックのテクニカル部分か、マインドオンリーの抽象的なものばかりです。

しかし本来は「トレーダーとしての勉強法」を身につけた先に、しっかりと手法を深め、マインドを強固にしていくのが近道であり正解なのです。

一度読んで、一回聴いて終わりというのは勉強でもなんでもありません。

しっかりと「対話」することで、今まで勉強してきた血肉が実際のトレードに活かされるイメージです。

トレードの学習法というテーマで、教材が普及していないのは、正しく勉強できている人が、あまりにも少ないからです。

FXで稼ぎ続けたいというのに、ここのチャプターを素通りするのは、もはや死人と一緒です。

日本ではほとんど語られることがない、驚きの内容を紹介すると・・

◆教材というのは、読んで終わりな時点でそれは「読んでいないのと一緒」です。
印刷をしていても、そこに何も書きこんでいないのであれば紙切れ当然になってしまいます。いつも同じような場所で売買して、負け続ける方はトレードの学習法を今から変えてください。

◆勉強がそもそもできない方は「インプットのやり方」か「アウトプットの吐き出し方」を知りません。

アウトプットもインプットもしょせんは組み合わせ方で決まります。
誰かのために勉強をするのではなく、自分が主人公になるために勉強をしてみてください。

◆教材に答えがすべて書いてあると思ってしまう人は、この先もトレードで勝つことは難しいです。

特に書籍を「読んでいることに快感を覚える方」は、かなり危険なのでここでメモの取り方を一から学んでください。 もしもあなたが本当にノウハウを理解しているなら、月間+1.000pipsは取れているはずですが・・

◆チャートを血眼になってみて、毎回お金を吹き飛ばしているのならば、まずやるべきことは「集中力」を高めることが先決です。勉強のフォーカス筋が弱い人ほど”ながら勉強”をする傾向がありますので注意してください。

◆答えを言ってしまうと「面倒だと感じるほうをやる」というのが学習のコツです。

普段文字を残さない職種についている方ほど、ここでは鬼になって書く時間を増やす必要があります。 長文を書く必要はないので、今日からアナログに切り替える習慣をつけましょう。

◆簡単に答えを言ってしまうと「抽出」「意見」「感情」の3つです。

この3つが抜け落ちているメモやトレードノートはあまり学習には役立ちません。 人からあれこれ言われても、何も記憶していない多くの理由は「自分の視点」を忘れているからなのです。

◆書籍を読むときや、仕事上での試験などにも役立つ画期的な学習動作になります。

勉強の面白いところは「1+1=2」にならないところなのですが、トレードだと「A=B」を求めるあまりに… マーケットや他のトレーダーとのコミュニケーションが不足してしまい、負けてしまうのです。

◆ヒントは「あなたの過去」に隠されていることが多いです。

トレードを好きになれない人が、大きく勝つことができない多くの理由はここに繋がっています。音楽や料理、美容や筋トレと通じるところがFXにはあるのですが、動物を例に解説しています。

◆興奮した感情を含んだ時間が長ければ長いほど、精神的な疲労がたまります。

しかしあることをするだけで、ミス・トレードの7割程度をなくすことができるのです。
自分の心が理解できないというのは、他のトレーダーも理解できずに損を広げてしまいます。

◆簡単に言ってしまえば「内面の弱さ」からくるもので、勉強をしたときに吸収率に差が出ます。

しかしここで”目を覚まして一気に覚醒”すれば、ライバルをごぼう抜きできてしまうのです。初心者トレーダーが、口笛を吹きながら利益を得るために必要な発言をまとめてみました。

ここのパートは「5分足のスキャルピング」で、毎日+50pips取れるエントリーやロスカットの”仕掛け”について語りました。

5分足のスキャルピングと言っても、無意味にチャートに張りつくことなく、シンプルなエントリーで、無駄なく利益を美しく狙ったほうが楽しいと思いませんか?

しかし具体的にスキャルピングをやる上で、毎日+50pipsを稼ぐためには、3勝2敗でトータル勝つという中期的な視点が実はいるのです。

少し暴露しすぎたかもしれませんね。

その内容の一部を公開すると・・・

◆このサインが出たからエントリーしました、という思考放棄のモンキートレーダーが、スキャルピングに取り組むのは自殺行為に近いです。

同じロジックでも難しいという認識を持たない限り、損切り貧乏で終わってしまいます。

◆5分足は動きが早くなるので、1つだけのロジックで戦うのはあまりにも弱いです。

ロジックをいくつか組み合わせれば、戻り売りや押し目買いでいくらでもチャンスがあるのに、私たちはなぜかあせって、いつも変なところでエントリーしてしまうのを避ける手法を完全暴露。

◆当然、時間足が短くなってくると「何をしても勝てない動き」というのは存在します。

こういうときに、やみくもにロジックが出たからと言って売買するトレーダーは、残念ながらスキャルピングの本質を、まったく理解していないことに気づけません。

◆5分足に限って言うと「ボリンジャーバンドの使い方」がカギを握ってきます。

トレンドが簡単に出るときと、ツンデレ女子のようになかなか発生しないときに、ジラしジラされるあの感覚を、しっかり焼きつけて根拠を持ったエントリーを画像つきで解説。

◆通常のマルチタイムフレーム的なトレードだと、大きな時間足から短い時間足を見ます。しかしそれでは、せっかくのスキャルピングチャンスを大きく逃がしてしまうケースが多発します。エントリーの軸を”ズラす”ことで、今まで見えなかったエントリーをあぶりだしました。

◆スキャルピングに取り組むトレーダーの多くが持っている”誤解”です。

エントリーのチャンスが多いのは事実ですが、すべてにエントリーしようと思うから、
自分の得意パターンや、好きなチャートの形を放棄して、ポジポジ病になってしまうのです。

◆時間足の切り替えがポイントなのですが、ここを意識するだけでエントリーにスピード感が宿ります。

短い足のトレードはとにかく、ロスカットを素早く利確も小まめにしないと利を逃がします。 3連続で+30pipsをサクサク取れるポイントと、回転の速いトレードの実例を詳しく説明しました。

◆これは手法やロジックではなく「心の病」がもたらす破滅の原因のひとつです。

売ってダメ、勝ってダメ、通貨を変えても、時間足を変えてもダメなときがあります。しかしそこで、さらに自分を捨てて狂信者のようにエントリーすると、待っているのは退場です。

◆30分足を見て、5分足でエントリーチャンスを狙っていく、この時点でNGなのです。

蛇のような相場観を持てば、チャンスは約3倍に膨れ上がるのですが..
今一度冷静に、着実に”利益を取れる場所”まで待ち続けた先にある利益の取り方を紹介。

◆スキャルピングトレードをやるにあたって、この病気を発症している方は10人中8人ほどいます。

ほとんどのトレーダーは結果的に負けてしまうのですが、 その芽を潰さないと永遠に5分足トレーダーとしての、才能は開花しないと思ったほうがいいです。

◆FXトレード「反省」するときに、一番大事なのはトレードノートの書き方なのですが…

いったい何をどう書いていいのかがわからない、という方が多いと思いますので、基本中の基本から、トレードノートの書き方を詳細に解説しました。

トレードノートには「残し方」と「書き方」と「順序」がありますので、これさえ身につければ、わずか1ヶ月で見違えるほどトレード成績がよくなります。

書く項目が多いのか、少ないのかというのは関係なくて..

自分の魂をぶつけたトレードノートが、そこにあるのか?

あなたの想いをこめた言葉が、そこに込められているのか?

己の感情を書き殴って、涙を流しながら書いたことがあるのか?

これら3つの問いに対して、すべてNoであるならば、それはトレードノートではなく、ただの落書き帳なのです。

自分の書いたトレードノートから、利益を伸ばせるようになって、損失が少なくなって、抜群のエントリーをして、含み益がみるみるうちに増えてくる瞬間は..

いつ味わっても最高の笑顔がこぼれる瞬間です。

以下が、このパートで語っている「トレードの成績を最大化」させる秘密になります・・・。

◆当たり前すぎる項目で退屈だと思いますが、1年続けられる人は約27%しかいないのです。

もしあなたが「義務的にトレードノートを書いているのならば」やめたほうがいいです。 自分の損失、失敗、ミス、怒り、後悔から逃げ続けた結果が、負けトレードに表れていると思いませんか?

◆トレードノートに書くことが増えると面倒くさいと感じている方は、こう考えてみてください。

「1項目書くことが増えれば、+20pipsずつトレードの成績が向上する」と。 これは事実であり本当のことですが、シンプルなトレーダーが書いていることは単純なことなのです。

◆自分が苦手とする相場状況がわからない方ほど、トレードノートの刻み方が雑です。

飛び乗り売買、動きのない相場でのトレード、エントリーした瞬間のロスカット..
こういうのは「クセ」を認識するだけで、負けトレードをずいぶんと改善することができるのです。

◆意外な発見だと思いますが、1,000人近くのトレーダーを見てきて感じたことを書いています。

17日前の夕食のおかずと、自分のやったことを完璧に覚えていられる天才ではないのならば、自分自身の行動パターンから、しっかりとトレードの歩みを残しておく必要があるのです。

◆トレードノートに「必ずチャート画像を残さないといけない」と思っている方は必見の内容です。

画像は確かに豊富な情報量があり、メリットも大きいのですが弱点も多く存在します。未来の相場が読めない人の特徴として、ある3つの要素がノートに抜けているのです。

◆これを言った瞬間に、もう常勝トレーダーは天の向こう側だと思ったほうがいいです。

年間で+6.000pipsの成績と聞いて、雲の上だと感じてしまい他人事でとらえる前に、まずは言葉の習慣を強制的に直して、ノートに書きこむ言霊を変えていくのがポイントです。

◆実際にここから、画期的な手法やロジックが開発されることはよくある話です。

すべて手書きで書くのは大幅な時間のロスになりますが、脳に深く刻むためには時に原始時代の暮らしを想像しながら、トレーダーとしての文明人の気持ちになることも大事です。

◆トレードノートを書けない、続かない傾向の人がほぼ全員逃げていることをまとめました。

特にこれまでの生き方を振り返ったとき、自分を隠して日々を過ごしている方は要注意です。あなたの目的は「トレードで長期的に勝つこと」のはずなのに、それを忘れかけていませんか?

◆これが実は、勝ち続けるトレーダーと、負け続けるトレーダーの差でもあるのです。

1日たったの1分でできることなのに、なぜかやらないトレーダーというのは..
マーケットにいったいいくらお布施を続ければ、目を覚ますのでしょうか?

◆トレーダーとして見逃して欲しくないのは、マイナスからプラスになる瞬間です。

トレードノートに書く「たったひとつの要素」を入れずに3年以上無駄な月日を流したからこそ、伝えられることと、必ず書いてほしいことを本音ですべて語り尽くしました。

マルチタイムフレーム分析と聞くと、まず日足・4時間足をチェックして、1時間足もチェックして、最後に15分足か5分足でトレードをする・・

というようなものを思い浮かべるかもしれませんが、それは”本当のマルチタイムフレーム分析”ではありません。

もしあなたが、複数の時間足をチェックしているのに、月間+500pipsすら安定して勝てていないのであれば、ほぼ間違いなく「マルチタイムフレームの病」にかかっています。

チャートを見る時間足が増えれば増えるほど、自分の時間がなくなり、下手するとポジションが逆に持てなくなって、エントリーに迷いを与えるだけなので、使い方には注意が必要です。

しかしグランドセオリー的な「ネオ・マルチタイムフレーム分析」を、活用すると、慣れてくるとだいたい2.9倍前後の利益を取れるようになります。

さらに上達してくると、4倍弱の収入になる可能性も十二分に秘めています。

1時間足を見て、5分足でエントリーというようなチキンエントリーではなくて、1時間足でも勝ち、5分足でも利益を得られるようになるからです。

わずか3ヶ月の間で、エリートサラリーマンと呼ばれる、年収1,500万円以上を稼ぎ出してしまった方もいるほどです。

いったい何をどうすれば、FXからここまで稼げるのか?

いったいなぜ、マルチタイム分析がうまくいく人と、うまくいかない人に分かれてしまうのか?

そのすべてを暴いてしまいました。

たとえばですが・・・

単一の時間足でトレードをする分には、両方チェックしても問題ないのですが、マルチタイムフレーム的なトレードの視点からみると、かなりもったいないことをしています。時間足は無駄に複数見るのではなく、ポイントごとに切り替えたほうが楽になります。

ヒントは、4時間足を見て30分足でトレードするという概念を捨てることです。

マルチタイムフレーム分析を使っているのに、利益が伸びない大きな原因はここにあります。二つのチャートを並べて、チャート画像つきでマルチタイムの利点と弱点を語りました。

たとえば4時間足が下にブレイクしたから、1時間足でも売りを狙うというのは..
典型的な教科書脳のマルチタイムトレーダーになっています。トレンドが一番早く崩れるのは”1分足”から終わりを告げるということを忘れないでください。

大きな足が崩れたときこそ、本来はマルチタイムフレームが活きてくる場面です。

長い足でロスカットを食らっても、普通にトータルでは+500pipsオーバーの利益をしっかりと得られるのには、ここだけの話秘密が2つほど隠されています。

これは単純に「一つの視点」からしか、マルチタイムフレームを使えていないからです。相場はそんなに単純なやり方だけで勝てたら苦労をしないので、発想を真逆にする必要があります。 MTFのトレードは”足し算ではなく、掛け算”だと理解したとき、修正点が見えてくるはず。

そもそも”本当のMTFトレード”というのは、日足や4時間足を一切見なくてもできるのがミソです。 時間があるときは両刀でエントリーをして、利益を2.5倍取るのもよし、あまり時間が取れないときは、厳選したエントリーで勝率7割強を狙うもよしなのです。

MTF的に見ていくと、こういったトレードも立派な手法のひとつだったりします。

長期から短期へ切り替えてばかりいると、肝心の含み益が乗ってきたところで、ビクビク怯えて、すぐに利確をしたくなってしまうので、この追随MTFをぜひ活用ください。

そもそもこれは、毎回4つの複数時間軸をチェックしていたときに疑問を感じたからです。チャートがたくさんあって、何がなんだかわからなくて混乱して、エントリー恐怖症になっていたとき、自分を救ってくれたのが「一つの時間軸を定める」というシンプルなものでした。

当然、MTFトレードをするにあたって「自分の得意なチャートの形」を無視してしまうと、勝てるトレードもまったくもって勝てなくなることがよくあります。

自分が予測して立てたシナリオが崩れたとき、パニックになってエントリーが乱れる方は必見です。

男性はほとんど見逃す視点から、MTFのタブーを暴露してしまいました。

マルチタイムフレーム分析を「人から言われたからやっている」方ほど、ここの離れ業を理解して、自分の殻を破ってトレードをしてみてください。

いよいよ最後のチャプターです。

それなりに勉強熱心な方であれば「一度のエントリーに追うリスクは最大で1%」という、ポジション管理の方法を聞いたことがあるかと思います。

しかし..それだけビクビク怯えたポジション管理では、残念ながら勝ち続けるトレーダーは遠いと思ってもらって結構です。

それから律儀に毎回「リスク1%」説を唱えていたり、まさかその通りに、ポジションを管理しているとしたら、FXの旨みも、醍醐味も、まったくない状況でトレードをしているのでしょう。

ここでお伝えする「ポジションサイジング」は”劇薬”のようなものです。

グランドセオリーの基礎がしっかりと身について、時に大胆に、時には冒険家として、投資家としての活動を、本気かつ全力で取り組もうとする方への、最後のメッセージになっています。

もちろん、内容の20%程度でも実践すれば..

◆少ない資金で、効率よくFXで資金を増やす喜びを、最大限に味わうことができるので、自分に合った「枚数」を、己の手でしっかりとコントロールできるようになるでしょう。

特に熱くなったり、負けてロット管理がぐちゃぐちゃになる方ほど、深呼吸をして、ゆっくりと読み進めて頂きたいチャプターとなっています。

◆そこで語られている、誰も言えないポジション管理の裏側とは…

10万円の資金量でトレードをしたとき、この定義でエントリーすると、ロスカットの値は-10pipsの千円になります。 トレードで必要なのは、資金の管理ではなくて「上手な回転」です。

慎重すぎるロット調整で、資金がなかなか増えない方は必ず読んでください。

◆すでに10枚以上余裕で張っている方も、調子に乗らないために再度復習していきましょう。

基本的に副業でFXから50万円を稼げていないのであれば、ここのポジション・サイズでお伝えしている部分で、バランスを取れるようになります。

これだけで一気に、損切りにためらうことが大きく減る魔性の技となっています。

ここで簡単にお伝えできることは「まずロスカットをくらったとして、枚数を決めるのです」エントリーした瞬間、私たちは負けることを考えなくなりますが、それが資産を減らす罠です。

4時間足のトレード、30分足のトレード、5分足のトレードを比較したときに、一律すべて同じ枚数でエントリーするというのは、トレーダーとしてのセンスは三流です。何分足のトレードが得意なのかが、もしわかっていない場合は早急に自分のスタイルを確認してください。

◆ポジションの量というのは、何年トレードをしていようと「守りきること」が難しいのが特徴です。

一回のミス・トレードから、頭に血がのぼりカーっとなって枚数を増やしたらどうなるのか?
一度のトレードで、総資金の10%を失ったことがある方は、最低7回は音読してほしい内容です。

基本的に枚数を上げていくときは、もっと言うと「複合的」に決めたほうがいい場合もあります。

そして感情を観察して、3週間のトレード経過を見て、ベストな曜日を算出していきます。通貨枚数を引き上げるときは”陰と陽”のポジションサイジングがあるので覚えておきましょう。

常時30万通貨以上で張っている人にとっては、さほど意味のない項目ではありますが
98%のトレーダーの方は、まずは適切なポジションサイズの”順序”を理解してみてください。基本的に10万通貨であっても、月間+1.000pips勝てれば毎月100万円稼げるのです。

◆そこには「恐怖心」というものにフォーカスが当たっていないからです。

怖さ、怯えというものにはさまざまな種類が存在していて、ひとまとめに感情とくくるのは早いのです。 含み損、含み益、連勝、連敗、複数ポジション、荒い値動き..すべてに恐れが存在します。

枚数を引き上げる方法としては「千通貨単位でじわじわ上げていく」方法もあるのです。ポジションの量を増やせない原因や、確実に枚数を落としたほうがいい人には違いがあります。増やせないのは怖がりさん、増やしすぎるのは欲望さんに翻弄されすぎていませんか?

自分のポジションに固執してしまうというのは、まずそこから治さなければいけません。本来トレーダーというのは「どんなに不利なポジションを抱えても、そこからの調整」によって、損失はギリギリまで小さくして、利益は”逃げ”によって確保する訓練が必要なのです。

できればあなた一人で、誰にも秘密にしてグランドセオリーにこっそりと近づいて、ゼロからFXで+1.000pips取るための最短ルートを歩むことをお勧めします。

一般のトレード初心者は聞いたことがない情報があまりに多いので、いわゆる”普通のトレーダー”には、理解されない内容も含まれています。

他の人に相談したり、ロクにトレードをしていない、報酬目当ての商材アフィリエイターのレビュー記事に、踊らされることなく、あなたの意志で決心をしてください。

そもそも「誰かの意見を鵜呑みにする」という時間がもったいないということに気づいてください。

FXをやる人の9割は負け組であり、大衆です。

そういった人たちの意見を聞くと、あなたの心の声がかき消されてしまいます。

負けている人、FXをやっていない人、そもそもトレードで勝っていない人の意見を聞いたところで、あなたはまったく得をしないのです。

常勝トレーダーを目指しているのであれば、大衆と同じ道を歩いていても、永遠に成功することはできません。

90%のトレーダーは、普通に苦しみながら、お金がない、時間がない、仕事がクソだと言って死んでいきます。

トレーダーとして成功できるのは、10%の人だけなのです。

その上位1割に入るためには、時には常識をはずれた、大胆な発想で物事を考え、マーケットを観察して、その他大勢のトレーダーが指をくわえて見ている場所で積極的なエントリーを心がける必要があります。

ダイナミックに素早く決断し、ダイナミックなトレーダーになる必要があります。

だらだらと決断を遅らせれば遅らせるほど、トレーダーとしての成功のチャンスは、二度と手にすることができません。

【備考】

投資の現場でよく見かけるローソク足は、リアルタイムの相場環境がどういったポジションにあるのかについて一目見ただけで理解することが可能で、世界中で非常にたくさんのトレーダーが一番使用しているチャートのことで、これを見ることは、FXでは将来の値動きを過去の値動きなどで予想するテクニカル分析の基本とでもいうべき項目なのです。

このごろ話題になることが多いFXのシステムについて一言で言うなれば、「円の価値が上がっている円高の場面で高くなっている円で安いドルを購入して、円の価値が下がっている円安の場面でドルをまた円に戻す」という具合に為替相場で発生した差を収益とか差損としています。

話題のFXトレードに挑戦する!という方は、とにかく一番にFX業者に新しく取引用の口座の開設を完了させていただきます。ネットを活用して多くの比較サイトを見ていただくことができますが、経験の少ない初心者である期間については、聞いたことがあるような著名な業者をセレクトした方が安心できるでしょう。

裁量取引じゃ希望どおりに投資が上手くいっていない一般の投資家が、自分自身の運とか根拠に乏しいとか過去の経験だけを根拠に、連続して勝つことの難しさで裁量の取引の無理を感じて、売買条件を明確にしたシステムトレードでの取引に乗り換えている方が多いようです。

注意深くFX会社によってかなり違うスプレッドの数値を時間をかけてでも比較検討、把握して、目先にとらわれず長期的な視点で見ると、必ずや相当大きな数値に達しますから、業者選びの際はできる限り重要なスプレッドの数字が低いFX会社を探し出すべき。

サラリーマンや主婦にも魅力いっぱいのFX(外国為替証拠金取引)は、外為市場に関する売買(取引)であり、USドルやポンドなどといった異なる2つの通貨を売買して、投資家のもうけや損失が生じるシステムが出来上がっている一攫千金も夢ではない金融商品のことを呼んでいます。

投資ブームもあってこの頃は、各FX取扱い業者が、プロの投資家が使用するような水準の高いスペックを搭載済みの、とても高性能なチャートツールまで一般投資家に対して公開しているのです。性能の高さに加えて操作性もかなり良好で、これによってトレンド分析する時の重荷を軽くすることができます。

追伸:

FXをやり続けた先にあるのは「本当の自由」だと思っています。

確かに最初は、1日にチャートを30分ぐらい見る必要はあります。

ですが「1日30分の時間投資」で、圧倒的な自由を手に入れられるのであれば、私見になってしまいますが、悪くはないリターンだと感じています。

平日の昼間から旅に出たり、温泉に行ったり、ふらっと海外に行くのも自由、子供と遊ぶのも自由..

お客様は選び放題、欲しいモノは普通に欲望を解放して、買い放題です。

いつ起きてもいい、何時に寝てもよくて、会社からリストラをくらっても怯えることがなくなります。

子供の習い事や、養育費、家のローンや生活費や固定費にビクビクする必要もゼロです。

社蓄の経験が長かったので、何より時間的な自由が本当に嬉しく感じてしまいます。

子供の寝顔も見れず、たまの休日は死んだように眠って、月曜日に気力を振り絞って会社に行く生活..

私はこういった「決められた人生」が何よりも嫌だったので、FXで収入源を増やす道を選びました。

その結果、少なくとも時間とお金で不自由することはなくなりました。

あなたも..

「我慢しっぱなしの人生に、ピリオドを打ちませんか?」

FXをそれなりに真剣に取り組めば、時間がない、お金がないという言葉は、金輪際言わなくなり、精神的に圧倒的な余裕が出ます。・・・

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

グランドセオリーFXの感想を14,000円で買取の感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。


Copyright(C) キャッシュバック≠感想・評価レビュー買取.com