必殺!駆け込みバイナリー』が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

9,000円をお振込みいたします!

必殺!駆け込みバイナリー

ご購入はこちらから

必殺!駆け込みバイナリー』を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

9,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内
ご購入はこちらから

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

必殺!駆け込みバイナリー』の特徴考察・検証評価

裁量トレードを希望される方のために良かれと思った「ロジック公開」が、逆にユーザー様の判断を惑わすことになった経験があります。

そういったご経験をお持ちのユーザー様へのご提案です。

この「必殺!駆け込みバイナリー」は、

「極力、裁量判断を必要としないシグナル通りのトレード」

を行うことで、比較的容易に利益を得ることが可能となるFXバイナリーオプション用の新システムです。

もし、それでも裁量判断を加えたいという方には、「トレンドの方向性と強度を一目でチェック可能なインジケーター」を併用することで、エントリーの精度を高めることも可能となっています。

デモ口座でのトレード検証を行った結果です。

ご存じのようにデモ口座であってもリアル口座と同じトレード環境ですので、(メンタルに関してはちょっと違いますが・・・)

十分にシグナルの精度はご確認いただけると思います。

こちらでは、たった2日分の詳細ですが、約1ヶ月間に渡るこれら以外の全ての検証トレード動画も当然、きちんとご用意していますので、そちらでも真偽をご確認ください。

この「必殺!駆け込みバイナリー」は、MetaTrader4ベースのEA(Expert Advisor)です。

FXトレードをされたことがあれば、無料で使用できるMetaTrader4をご存じだと思います。

デモ口座の開設は無料でできるいうことで、インジケーターを使ったテクニカル分析をされている方も多いでしょう。

MetaTrader4のチャート上のシグナルを確認して、手動で発注するためのバイナリートレード用高性能シグナルツールです。

EAはストラテジーに沿った自動売買トレードができるのが特徴ですが、過去のヒストリーデーターを使用して、設定したパラメーターでのバックテストができる機能が備わっています。

さらに、パラメーターの最適化作業が簡単に実行できるのが最大の特徴で、バイナリートレードにおいて、最も重要視すべき過去のシグナル勝率を確認することができます。

このEAをご提供すると同時に、シグナルが点灯した場合のバイナリーオプション売買について、1つのトレード手法をご呈示しようと思います。

バイナリーオプションは+1pipで勝っても、+10pipsで勝っても、対象オプションの条件を満たせば、清算値は100(売りの場合は0)で同じです。

一方、FXトレードでは、合計2回のトレードでマイナス10pipsの損失となったとして、その内訳が1回目に+1pip勝ち、2回目に-10pips負けた場合でも、勝率は50%となります。

従って、バイナリートレードにとって、EAのパラメーターを決める最も重要な要素は、勝率が高いものを選ぶことにあります。

各国内証券会社のバイナリーオプションでは、2時間ごとに清算時間が到来しますので、このタイミングで強制決済(自動清算)されることになります。

実は、この強制決済という行為は、通常のFXトレードではほとんど考慮されません。

すなわち、FXトレードでは、ポジションの清算時間という概念がありませんので、保有時間は全く考慮する必要がありません。

従って、決済まで長い時間をかけることで、高い勝率を維持することは意外と簡単です。

一方、バイナリートレードは清算時間が決まっていますので、EAのバックテストで得られる勝率は良くても6割5分程度が現実的となります。

これはどんなシステムも同じことが言えます。

引用するテクニカル指標(インジケーター)には、決まった時間に強制決済するという要素が含まれていないからです。

このような前提をもとに、バイナリートレードに適用するため、EAで高い勝率となるパラメーターを求める作業を行いますが、ご購入いただいた方には、当方が「最適化したセットファイル」をお渡しすることにしています。

また、「最適化の方法を具体的に解説した動画」もご提供します。

通常の最適化ではスプレッドを考慮した結果を求めることになるのですが、バイナリートレードの場合はFXトレードで重要なスプレッド(手数料)を考慮する必要がありません。

すなわち、権利行使価格にはスプレッドは存在しません。

一つの値しかありませんので、EAの最適化の際、スプレッドゼロでパラメーターを求める必要があります。

この方法も、マニュアルで具体的に解説してあります。

さらに、最適化で求めたパラメーターは、実際のFXトレードでも十分通用するものとなります。

今回のシステムはMetaTrader4上で自動売買可能なEAですので、MetaTrader4に資金を投入して、自動売買ツールとして使用することも可能です。

但し、今回はFXトレード用の自動売買システムとしてのご提供ではありませんので、あくまでもご自身のご判断でご使用ください。

ですので、FXトレードの自動売買システムに関するご質問はご遠慮願います。

通常、相場の値動きは波形を形成します。

方向性は様々ですが、レンジ相場であれトレンド相場であれ、押し目(吹き値)を挟みながら動くことはご存じの通りです。

バイナリーオプションで必要とされるのは、有利なポイントでエントリーし、清算時間に期待される価格に到達するという予測能力です。

そのためには、トレンド方向を検知して、より有利なポイントに押した(吹いた)ときにトレンド方向のオプションを買う(売る)ことが重要となります。

例えば、上図のような緩やかな上昇トレンドがあった場合、所々で押し目を形成するタイミングが発生します。

このタイミングで買いのオプションを建てることで、大きなトレンドに有利な位置でエントリーすることができるのです。

これはある日のEURJPYでの5分足チャートです。

トレンド方向は上昇中ですが、一時的な急落場面で買いシグナルが点灯しています。

その後、清算時間までリバウンドして、押し目買いが成功したことになります。

このようなタイミングではシグナル点灯した後も、やや深い突っ込みがありますので、買いのオプション価格は20ポイント台、あるいは、それ以下のポイントを示すことがあります。

上のチャートの黄色いラインは6pips押し水準ですが、このライン上で買うと40ポイントくらい、ボラティリティや残り時間次第では20~30ポイント台で買えるでしょう。

押したところで買うと、負けた場合は軽傷で済みますし、シグナル通りに勝ちとなると大きな利益を獲得することができるのです。

一方、下落トレンドの場合はこの逆となります。

下落の途中で少しだけ吹き上がることがありますが、そのタイミングで売りポジションを建てることで、下落トレンドに沿った有利なポジションを構築できるのです。

これはある日のEURUSDの5分足チャートです。

エントリー時間終了直前に点灯した売りシグナルです。

一時的なリバウンド場面で、ダレてきたときに売りシグナルが点灯しています。

その後、一時的なリバウンドが終了して、再度、下落方向に進行して利益確定となっています。

このように、トレンド方向のみポジションを取ることで、勝ちやすくて負けにくいポジションが構築できるのです。

「必殺!駆け込みバイナリー」には、このような押し目買い、吹き値売りを基本とするトレードロジックを組み込んでおりますが、清算時間まで残り約30分以降にシグナルを点灯させるようにしていますので、常時監視しておく必要はありません。

清算時間は2時間おきに訪れますので、2時間のうち、約30分間だけシグナルを待ってエントリーするだけとなります。

基本的にはエントリー後はホッタラカシとなりますし、シグナル点灯直後にすぐにエントリーしなければならないというものでもありませんので、状況を確認して、より有利なポイントまで待つことも重要となります。

このようなロジックを組むことで、勝率が6割~6割5分程度のシステムが構築できます。

オプション価格にはボラティリティが考慮されていますので、シグナルの勝率とオプション価格との間に期待値が大きくなるような優位性が確認できることがあります。

すなわち、シグナル発生時に、そのシグナルの勝率よりもバイナリーオプションでの期待利益が大きくなるタイミングが発生することが多くあります。

これはかなり頻繁に発生しますのでいつでもエントリーは可能ですが、その都度オプション価格を確認することができますので、残り時間が極端に少ない等、エントリーが不利であると判断できる場合はトレード自体を見送れば良いということになります。

本システムではある程度ボラティリティが大きくなければ、シグナルが点灯しないような設定としています。

トレンドが小さい相場ではギャンブル的な勝ち負けに近い特性となるため、テクニカル分析では難しい状態との判断をしているからです。

また、シグナルが点灯したとしても、システムの勝率よりもオプション価格に魅力がなければ、エントリーする必要はないと思います。

これは自動売買にない、手動トレードの最大のメリットであると思います。

このときの裁量判断は難しいものではありません。

シグナルの勝率は予め把握できますので、オプション価格と見比べて判断すれば良いのです。

基本的にシグナルを受けるためのMetaTrader4と、バイナリーブローカーのプラットフォームがモニター上で確認できれば問題ありません。

MetaTrader4のシグナルは携帯電話のメールでもタイムリーに受けることができます。

例えば、MetaTrader4をWindows VPS上で稼働させておき、シグナルが点灯したら携帯電話やスマホで情報を得ることができます。

さらに、バイナリーブローカーによってはスマートフォンからの注文も可能ですので、ご自宅のPCを常時稼働させておく必要もありません。

ただし、セットアップする際は必ずPCが必要となりますので、ここでは簡単に手順をお伝えしておきたいと思います。

1.商品ファイルをダウンロードし、システムファイルの有無を確認する。
システムファイルがフォルダに入っていない場合、あるいは解凍がうまくできない場は、サポートまでご連絡ください。

2.MetaTrader4をインストールする
今回はどのMT4ブローカーをご利用なさっても問題ありません。ただし、ご提供するセットファイル等にはGMT+2(夏時間はGMT+3)のサーバー時間を採用するブローカーで調整しておりますので、そのままお使いの場合は特定ブローカーをお使いください。シグナルを受けるだけでしたらデモ口座にて無料で使用可能です。

3.システムファイルをMetaTrader4の特定フォルダにインストールする
MetaTrader4でBuild600以上のバージョンでは特殊なインストール方法となりましたので、詳細にご説明します。

4.MetaTrader4上に特定の通貨ペアのチャートを表示させEAをセットする
今回は7つの通貨ペア(USDJPY, EURUSD, GBPUSD, AUDUSD, EURUSD. GBPJPY, AUDJPY)専用のセットファイルをご提供します。

同時にセットすることで、シグナル発生頻度が多くなります。

5.メール配信、アラート音、等を設定する
常時、PCの前にいるということは不可能です。
外出先でもシグナルが確認できるようにメール配信機能を設定します。また、室内でのトレードで役に立つアラート音の設定方法も併せてご紹介します。

6.シグナルを確認後、バイナリートレードを実行する
PC上でのシグナルの確認とバイナリーオプションのトレード方法、さらにメールによる確認後、外出先からのトレード方法等、いくつかの例をご紹介します。

7.EAの最適化とパラメーターの選択方法
EAがより高勝率なシグナルツールとなるために、直近のヒストリーデーターを元に最適化を実行します。
勝率を重視したパラメーターの選択方法を解説します。

基本的にはこれらのステップを踏んでバイナリートレードを実行することになります。

マニュアルでは画像を使った分かりやすい解説を心がけてういるつもりです。

もしセットアップ等でお分かりになれない場合は、サポートまで、メールにてご連絡ください。

1)シグナル点灯

シグナルが点灯したら、速やかにバイナリーオプションのトレード画面を確認します。

ここでは、USDJPYで買いシグナルが点灯したとします。

左下のトレンド確認用インジケーターでは買い方向を示していますので、今回の買いシグナルは比較的強力なものと解釈することができます。

時間足では売り優勢の赤となっていますが、短期的なパラメーター設定としていますので、ここでは買いシグナルの精度が高いと判断します。

このチャートでは、清算時間まで残り25分のところでUSDJPYの買いシグナルが109.097円で点灯しています。

2)取引用プラットフォームからエントリー

IG証券のプラットフォームを開き、2時間ラダー取引のUSDJPYを選択します。

シグナルポイントのすぐそばの109.10円のオプションを買います。

ここでは1ロットを注文しましたが、レートがシグナルポイントから約3pips下押ししたタイミングで43.6ポイントで買いエントリーできています。

清算時間に109.10円を超えていれば、100-43.6=56.4ポイントが獲得できることになります。

負ければ43.6ポイント分失うことになります。

USDJPYのシグナルの精度は61.0%の勝率ですが、43.6ポイントで買うことができましたので、17.4ポイントの優位性があるということになります。

3)清算時間を過ぎたら損益の確認

1ロットで56,400円の利益を獲得しています。

ただ、この間、AUDUSDでも買いシグナルが点灯し、こちらは37,800円の損失となってしまいました。

37.8ポイントで買うことができましたので、損失が少なくて済んでおり、USDJPYの利益と合計すると、この2つのトレードでは18,600円の利益ということになりました。

清算時間までの1クールの間に複数の通貨ペアでシグナルが点灯することがありますが、それぞれポジションをとるのか、特定の通貨ペアのみエントリーするのか、適宜ご判断ください。

基本的にはこのようなスタンスでトレードするのが一番分かりやすく簡単です。

また、相場に勢いがあって、シグナルの点灯ポイントからどんどん進行する場合がありますが、こういう場合はシグナル方向の先の行使価格のオプションを買う(売る)こともありだと思います。

できるだけ売り買い50ポイント付近(またはそれより有利なポイント)に引きつけてエントリーすることで、損失が少なく高勝率で利益率が高いポジションを構築することができます。

【投資についての備考】

いまからFXトレードをやるのなら、一番最初にFX業者に新しく口座開設してください。

ネット上でもいろいろなFX業者の比較サイトやランキングで調べていただくことが可能ですが、まだ初心者で自信がないときは、聞いたことがあるような著名な業者をセレクトした方が後悔しないと思います。

トレード1回についてなんと100円の資金でトライすることができるバイナリーオプション取引だったら、自信のない初心者も、バイナリーオプション以外の投資に比べて心配することなく、生の投資取引のキャリアを積んだり勘を磨くことができるわけです。

一般投資家にも人気のFX(外国為替証拠金取引)は、外国為替に関するトレード(取引)なので、みなさんご存知のUSドルやポンドなどの異なる2つの通貨を売ったり買ったりした場合に、もうけあるいは損失が発生するシステムになっている注目の投資商品なのです。

人気が高まっているバイナリーオプションでは、それぞれの取扱い業者が自社で、売買に関する条件やルールを決定する業界の仕組みになっています。だからこそ、予めしっかりと各業者のサービスを比較検討した上で口座を新設するFX会社を最終決定するとよいでしょう。

今後、注目されている株式投資をスタートさせる予定のインターネット株初心者の方々に、気になる株式投資の世界とはどういう世界なのか、またその株式業界で利益を得られるようにするには、一番いいのはどんな方法なのかについて簡単な言葉で説明しています。

なるたけバイナリーオプションだけでなく、ほかの売買のことについても十分理解したうえで、どういうのが自分自身に向いているのかをまずはじっくりと比較してみるのも、有益だと思います。

様々にある特徴や長所などだけでなく短所について整理しておくことがきっとポイントになります。

誰かが公開されている株式を売買を希望する際に、その窓口としての役目を果たすのがみなさんが利用している証券会社というわけ。株の取引きをした際には、取引を依頼した証券会社に取引(売買)に必要な手数料を支払う必要があります。そしてこの手数料のことを正式には株式売買手数料と定義しています。

株式取引に必要な手数料は、株を取引するときごとに収めないといけません。平成十一年十月から開始された株式手数料にかかる完全自由化により、たくさんある証券会社によって証券会社へ支払う売買(取引)の手数料の約束事が非常に違うものになりました。

おススメのバイナリーオプションの仕組みは、ざっくりと説明するとすれば「設定した価格よりも高いのか低いのかどちらになるかを二者選択で予測するだけ」というトレードなんです。

シンプルなのでFXだけではなく投資の初心者だけでなくベテランにも熱烈に歓迎されています。

1か所ではなく複数のFX業者に自分の口座を新規開設してから、投資資金を分散させてトレードを実践しているという方もいます。

それぞれのトレードのツールや、提示される投資情報の量や内容についても、口座開設するバイナリーオプション業者を選択する肝心なポイントになる。

取引をするFX会社を選択する場合に、最優先で大事な点として挙げられるのが、組織としての『FX会社の安全性』なのです。要するに、投資のための大事な資金を入金しても大丈夫だと思うことができるFX会社なのかあるいは違うのかを、冷静に判別することです。

いくら株の投資をやり始めたとはいえ、初心者なのに日々取引しなきゃいけないなんてことはありません。相場の環境がひどく初心者投資家が取引を行うには、非常に危ない相場が存在することも注意が必要です。

現在のような状況なら著名な業者からセレクトすれば目も当てられないような間違いはありませんが、比べてみればFX業者によってサービスの相違点は存在するわけですから、ネットでFX比較サイトなどをチェックして、時間をかけて依頼する業者をどこにするのか業者比較をすると失敗しないでしょう。

これまでに実際にあった取引情報から作り出された今の「成功するロジック」であっても、これから先の未来も負けることなく、ずっと同じように成功する保証なんかなく、むしろそうはなりません。分析に利用するデータを一定期間毎に再検証することは、システムトレードでの投資にとても大事なことなのです。

分かりやすく言えば、FXで人気のバイナリーオプションをする際、事前に指定された条件において1ドル90円であったとしたら、取引を行った日の終値が事前に決めた90円に比べて高値か、または安値になっているかについて推測するのみで構いません。


【必殺!駆け込みバイナリーでよくあるご質問Q&A】

Q:IG証券以外のバイナリーオプションのブローカーで利用可能でしょうか。

A:各ブローカーの清算時間等のレギュレーションが異なるため、今回はIG証券専用のシステムとしてお使いいただきたいと思います。ただし、参考として別のブローカーでご利用いただくことは十分可能です。

Q:必ず利益がでるシステムですか?

A:バイナリーオプションはリスクのある投資ですので、必ずと言い切れるものはないと思っています。

しかし、「必殺!駆け込みバイナリー」はパラメーターの最適化にて調整したシステムですので、未来の相場でも利益が出るように仕上げているつもりです。必ずとは言い切れませんが、確率的には高いと思います。

Q:バイナリーオプションではどのくらいの資金が必要でしょうか?そのときの準備資金はどのくらいが理想でしょうか?

A:基本的にはお使いになるバイナリーオプションのブローカーが定める証拠金ルールを満足すれば問題ありません。

一般的に、各トレーダーのお金に対する価値観、資金量の大きさ、トレード可能時間、等の様々なファクターが違いますので、一概にベストな資金量をご提案することは困難です。

各証券会社のバイナリーオプションではデモトレードが可能ですので、事前に資金管理等を検討されてはいかがでしょうか。損益の推移を把握された方が良いと思います。

Q:基本的にはエントリー後、清算時間までホッタラカシだと思いますが、ポジションを途中清算してもいいですか?

A:概ね2時間に1度だけしかシグナルは点灯しませんので、清算時間までそのままで結構です。なお、途中清算によるバイナリーオプションのコントロールに関しては、推奨戦略とは異なった勝率及び利益率となることが予想されますので、あくまでもご自身のご判断で行って下さい。

Q:シグナル点灯の可能性がある時間以外は、パソコンを閉じていてもよろしいでしょうか?

A:基本的には大丈夫だと思いますが、シグナルが点灯する場合は、直近のヒストリーデータの取得のために、少なくとも2時間前くらいから立ち上げておかなければなりません。

その都度PCを立ち上げるのはご面倒かもしれませんが、VPSなどのサービスをご利用される場合ですと、完全にホッタラカシにできますし、VPSからメールを配信すれば、移動中スマホからでも注文できます。慣れてくれば、チャートすら確認しなくてもトレードができてしまいます。

また、VPSですと火災やシステムトラブル等の恐れが小さいですので、そのようにしていただくことをお薦めいたします。

Q:私はサラリーマンで、特に日中はPCの前に張り付くことができません。このような私でも利用可能でしょうか。

A:本システムでは2時間のうち、清算時間直前の30分間だけシグナルが点灯する可能性がありますので、それ以外の時間帯ではお仕事に集中することが可能です。

シグナル点灯後も、すぐにエントリーしなければならないことではなく、押し目を待った方がより条件が良いオプションを建てることが可能ですので、ゆっくりとトイレ等に行かれて、スマホから注文される等、十分対応可能であると思います。

夜にもシグナルは点灯しますので、無理に日中にトレードされなくても良いと思います。

運営統括責任者:株式会社Uシステム 藤井利幸

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

必殺!駆け込みバイナリーの感想を9,000円で買取の感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠感想・評価レビュー買取.com