株の自動売買~12週間習得プログラム~がリリースされましたが、日本株が自動売買できるという、時代の大きな転換点が来ました。

ここで乗り遅れて、手動で株式投資のトレードを行っている人は、もう稼げない時代になるかもしれません。

トレードや資産運用の場では、プログラム売買、人工知能の技術が当たり前になりつつある中、日本株の“自動売買”は、機関投資家や特定の運用者しかできませんでした。

しかし今、ようやく誰でも日本株で『自動売買』が可能になったのです・・・

株の自動売買 ~12週間習得プログラム~

株の自動売買 ~12週間習得プログラム~』が、
追加特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

10,000円をお振込みいたします!
(JCB/AMEX決済は対象外となります)

特典プレゼントのご案内

下のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内
ご購入はこちらから

株の自動売買 ~12週間習得プログラム~』の特徴を検証・評価

今や、トレードや資産運用の場では、プログラム売買、人工知能の技術が当たり前になりつつある中、日本株の“自動売買”は、機関投資家や特定の運用者しかできませんでした。

しかし、今ではようやく誰でも日本株で“自動売買”が可能になったのです。

そこで僕たちは、あなたにも事前に数理的、統計的検証を行い、良好な結果が得られた売買ルールを採用し、“完全自動売買”を実行して、トレード時に抱く“ストレスを軽減”させるトレードを体験していただくために、日本株に特化した“自動売買プログラム教育”のスクールを立ち上げることにしました。

まずは論より証拠!

以下の動画、収益レポートをご覧ください。

まずは、以下の動画をご覧ください。

これは、デイトレード戦略(ストラテジー)を、事前に数理的、統計的検証を行い、良好な結果を“完全自動売買”で行い、利益を上げている動画です。

株の自動売買 12週間習得プログラム」で実現したいことは、“自動売買未経験者”でも、“高齢者”でも、この「トレードステーション」を使いこなしてもらい、他の個人投資家より有利なトレードを行っていただくことです。

あなたは以下の2つをクリアすることで、他の投資家より“圧倒的に有利”なステージに立つことができるでしょう。

プログラム売買が可能な「トレードステーション」を活用することで、売買するたびに発生する“ストレス”を軽減させ、感情的な売買を防ぐこと、そして自動化することで、他の個人投資家より、有利なエントリー、決済を行っていただきたい。

そしてなにより、巷に溢れている売買手法が、本当に長期的に利益を生んでいるのか?ということを、確認する術がなかったことが、この「トレードステーション」のバックテスト機能を使うことで、それが事前にわかってしまうこと。

そのために、あなたがこの講座でやるべきことは・・・

1収益性の高い“売買ルール”を考える上で、僕たちが何千回と行ってきた検証結果をもとに、その事例をあなたに紹介しますので、それらをヒントにあなただけの“売買ルール”を作り上げてもらうこと。

2巷に溢れている売買手法を鵜呑みにせず、その“売買ルール”を事前に数理的、統計的に、本当に継続的に収益を上げ続けられるのかをちゃんと検証(バックテスト)を行ってもらうこと。

3良好な結果が得られた“売買ルール”を、よりトレードにおける“ストレス”を防ぐため、自動売買を行うためのプログラミングを学ぶこと。

この3つがメインになります。

また、「トレードステーション」には、自動売買やバックテスト機能だけではなく、これまでなかった高度な「銘柄監視機能」、「銘柄スクリーニング機能」、「チャート分析機能」「フル板情報」などが搭載されていて、これらをどうやって売買に生かすかまで、講座の中でお伝えします。

株の自動売買 12週間習得プログラム」で実現したいことは、“自動売買未経験者”でも、“高齢者”でも、この「トレードステーション」を使いこなしてもらい、他の個人投資家より有利なトレードを行っていただくことです。

株の自動売買~12週間習得プログラム~は、プログラミングができなくても大丈夫か?

その心配は一切不要です。

もちろん初めて使うソフトですから、最初は少し、とまどうこともあると思いますが、 12週間後には、普通に使いこなせるようになっているでしょう。

なぜなら、この「トレードステーション」には、始めからかなり多くのプログラムが内蔵されており、まずはそれらのプログラムを使いながらプログラミング知識をつけていけばOK!

徐々に、あなたオリジナルの売買ルールのプログラムを作れるようになります。

また、今回の講座では、僕たちが何千回と検証で得たプログラムの雛形を用意していますので、未経験者でも、高齢者でも、12週間後には、他の投資家より“圧倒的有利な立場”でトレードする環境が作れるはずです。

いやいや、無理でしょう・・・

そんな疑い深いあなたのために、以下の動画をご用意しました。

この動画で撮影しているのは、実際にあなたが受講する「会員サイト」ですが、あなたが使いたいテクニカル指標を入力し、変数を入力するだけで、オリジナルのプログラムが生成されるよう作られています。

見ていただければ、どれだけ“カンタン”なのかがお分かりいただけると思います。

「株の自動売買 12週間習得プログラム」の詳細内容

「株の自動売買 12週間習得プログラム」は、マネックス証券から提供されている「トレードステーション」というシステムを使いこなせるようになるためのオンライン講座です。

会員サイトにログインできる環境であれば、いつでもどこでも学ぶことができます。

※なお「株の自動売買 12週間習得プログラム」は、利益になりそうな売買ロジックを提供するものではありません。

■第1週:トレードステーションのインストールとあなたのトレード成功に導くワークスペースの設定方法

まずは、あなたのパソコンに「トレードステーション」をインストールしていただくために、マネックス証券に口座開設が必要です。

すでに口座をお持ちの方は、マネックス証券のトレードステーションのサイトからダウンロードをしていただけますのでその方法をご紹介します。

「トレードステーション」に搭載されている高度なアプリケーションの使い方、そしてバックテストや、自動売買でよく使う機能を厳選して操作方法を学ぶことができます。

また、あなたのトレードを成功に導くためのワークスペースの設定をご紹介します。

まずは僕の使っているワークスペースをご紹介します。

トレードのスタイル別にワークスペースを自由に設定できるので、あなただけのワークスペースを作り上げてください。

■第2週:チャートを利用した分析テクニック初期搭載のプログラムを活用して売買サインを表示させてみる

「トレードステーション」では、自分でプログラミングしなくても、様々なグラフやサインが表示できるプログラムが初期搭載されています。

こうしたチャート上に表示するグラフやサインのことを「分析テクニック」と呼びます。

たとえば、「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「RSI」「売買高」などのグラフや、「ゴールデンクロス/デッドクロス」「価格の連続上昇/下落」などのサインなどです。

また、移動平均線のグラフの計算対象日数を指定、価格連続上昇サインの連続上昇回数、などパラメータを用いた細かい設定も可能です。

まずは初期搭載の分析テクニックを使って、何がどこまで出来るか?を学びましょう。

■第3週:初期搭載のプログラムを使って売買ルール、売買戦略を作るために必要な知識を習得する

いきなり「売買ルール(ロジック)」を作ってみようと思っても、何からやればよいのか分からないというのが、一番初めの“カベ”だと思います。

でも第3週でお伝えすることをこなしていただければ、いろんな売買ルールのアイデアが得られることでしょう。

そこで、まず最初に「トレードステーション」に初期搭載されているプログラムを使って、売買ルールを作る練習をしてみましょう。

・移動平均線を使った売買ルール
・RSIを使った売買ルール
・ボリンジャーバンドを使った売買ルール

などなど、まずはプログラミングをすることなく、初期搭載の売買ルールで、資金がどう増えていくのか?減っていくのかを、あなたの目で確認してください。

確認することで、いろんな売買ルールのアイデアが思いつくはずです。

また、第3週で紹介する「ショウミー」という機能を使って、チャート上でも確認してみてください。そうすることで、より売買ルールのアイデアが明確になると思います。

まずは初期搭載のストラテジーをフル活用して、プログラミング不要でも作成可能な売買ロジックの作成方法について学びましょう。

■第4週:クリック操作と簡単な入力だけでOK!過去データを使ってバックテスト(検証)をやってみよう!

第4週から、いよいよ過去のデータを使って実際に「バックテスト」を行なってみます。

これまで何度も「バックテスト」という言葉を使ってきましたがこれは、「ある一定の売買ルール」が、本当に過去、利益を生み出しているのか検証することです。

まずこの週では、第3週に出てきた「初期搭載の売買ルールプログラム」を使って、バックテストを行なってみることにします。

バックテストを行うためには、「エントリーとなる基準」と「決済となる基準」のふたつの基準が計算上、必要です。これらを、どういった基準で行うかを、細かく解説していきます。

そして、バックテストの結果を示すのが「パフォーマンスレポート」です。 以下が、「パフォーマンスレポート」です。

・テストの期間
・売買回数
・勝率
・総利益、総損失
・プロフィットファクター

などなど、あらゆる細かい検証結果をレポートで表示できます。

「パフォーマンスレポート」で、一番重要なのが、損益曲線。

つまり、お金が増えているのか、減っているのか?を確認できるグラフです。

まずは、あなたの思いつく売買ルールでOKなので、バックテストをしてみて、検証結果を確認してください。

この第4週でお伝えすることは、今後、バックテストや自動売買をする上でもっとも重要なコンテンツになるので、必ず習得するようにしてください。

■第5週:バックテストで得られた結果の“パラメータ”を「最適化」する技術を学ぶ!

第4週で、バックテストを行った結果はいかがでしたでしょうか?

いきなりはじめから、利益がどんどん上がるようなテスト結果を得られることはほとんどありません。

なので、バックテストの結果が悪いとしても、落ち込む必要はありません。

次に使っていただきたい技術が“パラメータの最適化”です。

“パラメータの最適化”とは、たとえば、Aという銘柄の移動平均線は、どの移動平均線が一番、有効なのかを瞬時に計算して答えを出す。これが「最適化」です。

具体例を挙げるなら、「移動平均線のクロスで売買、固定金額で利益確定と損切」
という売買ルールがあったとき、

・移動平均線の計算日数: 5〜100日
・利益確定する1株当たり含み益: 1円~50円
・損切りする1株当たり含み損: 1円~30円

全144,000通り中、どの組み合わせが最も良い結果を得られるのか?

これが“パラメータの最適化”です。

この2つの技術をマスターすれば、初期搭載の売買ルールの中から各銘柄に最適な戦略とパラメータの組み合わせの検証が可能になるのです。

■第6週:さあ、いよいよ“自動売買”を実行します。

第6週ではいよいよ“自動売買”の具体的手順に触れていきます。

まずは、あなたがこれまでバックテストを行い、ある程度、利益の見込める売買ルールをいくつかピックアップしてください。

そのルールがあれば、“自動売買”といっても、何も難しいことはありません。売買ルール(ストラテジー)を設定し、チェックボックスにチェックを入れれば完了です。

あとは条件に従って、プログラムが自動で売買を行います。

自動売買ができるようになったからといって、ほったらかしは良くありません。ちゃんとシステムが思った通りに稼働しているかを、あなたは確認しなくてはなりません。

もし思った通りの売買ができていないようなら、売買ルールの見直しが必要です。

常に「トライアンド・エラー」を心がけるようにしてください。

■第7週:これは絶対にマスターしておきたいトレードステーションの便利機能

ここまでの内容だけでも、初期搭載のプログラムを活用して様々なグラフやサインを描画したり、売買ルールを構築することが可能になっていると思います。

トレードステーションの操作にも、だいぶ慣れてきたと思いますが、検証する銘柄やパターンが多くなってくるにつれて、同じような操作や設定を何度も繰り返したりすることが増えてくるかと思います。

そこで第7週では、マウスでポチポチ設定しなくても数文字入力するだけでチャート分析の様々な設定などが可能になる「コマンドとマクロ」や、銘柄を自由にグループ化できる「カスタムシンボルリスト」、グラフとサインと売買ルールをまとめて表示できる「分析グループ」など、より素早く作業をする上で非常に便利なトレードステーションの機能についてご紹介します。

次週からの「自作売買戦略構築」という最も大事なことに時間を注いでいくためにも、今のうちにこれら便利機能を覚えてトレードステーションの操作スピードをアップさせておきましょう。

■第8週:あなただけ!オリジナルの売買ルールを作るための、EasyLanguageをマスターする!

これまでは主に、トレードステーションに初期搭載されているプログラムを使って、売買サインを出してみたり、売買ルールを作り、バックテストで検証してこられたと思います。

ここからは目指していただきたいのは、あなたオリジナルの売買ルール(ストラテジー)です。

そのために、、トレードステーションでのプログラミング言語である“EasyLanguage”(イージーランゲージ)をマスターしていただきます。

“EasyLanguage”(イージーランゲージ)といっても、特別難しいわけではありません。型を覚えていただければ、あとはいくらでも応用が効くのです。

第8週では、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)の概要について学んでいただきます。株式トレードに関する知識はあっても、多くの方は「プログラミング」がどういうものかよく分からなずイメージし辛いと思いますので、本週では「プログラミングとは何か?」について軽く触れながら、EasyLanguageが一体どんなもので、トレードステーション上でどのように動いているのか?について詳しく解説します。

本週の話は、特にプログラミング未経験の方は必見の内容です。本週の話を聞いているかいないかで、これ以降のEasyLanguageの話に対する理解度がまったく変わってくるはずです。

■第9週:EasyLanguageを使って、あなたオリジナルのテクニカル指標(インディケータ)を作るためのテンプレート(ひな形)をお渡しします。

第8週では、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)の概要について学んでいただきましたが、いよいよ第9週では、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)を使って、あなたオリジナルのテクニカル指標(インディケータ)を作ってみましょう。

「移動平均線」や「MACD」「ボリンジャーバンド」など、既存のテクニカル指標を使うことも良いですが、せっかく“EasyLanguage”(イージーランゲージ)を学んだわけですから、その技術を最大限に生かすためにも、あなただけの、「しっかり利益の上がる、オリジナルのテクニカル指標」を作ってみませんか?

オリジナルのテクニカル指標の一番の優位性は、「あなたしか、売買ルールを知らない」ということです。

一般的な売買手法は、ほとんどの個人投資家がわかってしまっているので、チャート上の“ダマシ”が頻繁に出現するので、収益化することが難しくなります。

しかし、、「あなたしか知らない、売買ルール」を持つことによって、他の投資家より圧倒的優位性を保つことができるのです。

しかし、いきなりそれをするのは多少時間がかかると思いますので、今回、あなたには、僕たちが実際に使っている“テンプレート(ひな形)”をお渡しします。テンプレートを使えば、プログラムをゼロから作る必要はありません。必要な部分のみ穴埋め形式で入力すれば、あとは勝手にプログラムが作成されます。

このテンプレートがあれば、未経験者でも高齢者でもカンタンに作れるはずです。

■第10週:目の前のチャートに、サインが点灯!「ショウミー/ペイントバー」を最大限に活用する

第10週では、トレードステーションで良く使うであろう機能として「ショウミー」「ペイントバー」という機能のテンプレート(ひな形)を使って実践に生かしていただくことをお伝えします。

これはリアルタイムで動いている目の前のチャートで、あなたが設定した条件にヒットした足にサインが点灯するという機能です。

グラフを表示するインジケーターと合わせて使うことで、より見やすいチャートの設定が可能となります。

もちろん、こちらもインジケーターと同様にたくさんの“テンプレート(ひな形)”を用意しているので、迷うことなく実現が可能です。

■第11週:エントリー&決済の売買ルールを自作!自在にトレードステーションを操り徹底的に使いこなす

いよいよ第11週では、あなたにトレードステーションを自在に操っていただくために、エントリーの戦略プログラム、決済の戦略プログラムの“テンプレート(ひな形)”を数多く提供させていただきます。

これらの戦略プログラムの“テンプレート(ひな形)”を使うことで、収益性の高い売買戦略、売買ルールをいち早く構築できるでしょう。

すでにあなたは、バックテストを何度も繰り返し、“EasyLanguage”(イージーランゲージ)を覚えていることで、他の投資家を圧倒する技術を手に入れました。

EasyLanguageで売買ルールのプログラムを自作できるようになれば、あとはそれをチャートに適用するだけで、売買サインが点灯し、クリック1つでオリジナル売買ルールによる自動売買が可能となります。感情的な売買を排除して、投資家としてのあるべき姿を実現できるでしょう。

■第12週:さらにEasyLanguageを深く理解して理想の売買ルールを構築していく!

第11章までで、「テンプレート(ひな形)」を元に様々なグラフやサインや売買ルールを作成してきました。

第12章では、さらにEasyLanguageの文法や命令などについて詳しく解説していきます。

EasyLanguageをより深く知ることで、初期搭載されているプログラムがどのようなロジックで動いているか?を自力で解読することが可能になったり、複数の条件を組み合わせた複雑な売買ルールの構築も可能になります。

これで、あなたは次世代の個人投資家として、豊かな未来を過ごすことになるでしょう。

株の自動売買~12週間習得プログラム~の特典

さらに“7つ”のボーナス特典をお付けします!

今回、「株の自動売買 12週間習得プログラム」にご参加いただいた“あなた”には他では得ることが難しい「7つのボーナス特典」をお付けいたいたします。

これら「7つのボーナス特典」は、あなたのトレードにとって、とても大切な役割を果たすと思います。

※特典は、会員専用サイトで閲覧していただけます。
参加者限定の3ヶ月間メールサポート(15万円相当)

今回、参加者限定で3ヶ月間の「無料メールサポート」を行います。
期間内であれば、特に回数制限はありません。

「トレードステーション」を実際の売買でどのように使いこなせばよいのか、また、このような売買戦略の場合、どのようなプログラムになるのか?といったご質問に対してメールで回答させていただきます。

実際、下山さんは他のクライアントに対して、有料でサポートをしていますが、今回は特別に3ヶ月間の無料サポートを実施させていただくことになりました。

■イージーランゲージのチートシート(7万円相当)

トレードステーションに付属されている「イージーランゲージ」マニュアルは、目的別にカテゴリー分けされておらず、また初心者は使わないであろう機能などの情報量も多いため、正直なところプログラミングが初めての方にとってはやや使いにくいと思います。

そこで、これから初めてイージーランゲージを使う方向けに、よく使う命令や文法をまとめた「チートシート(早見表)」を用意しました。

「足の価格や売買高などの情報を取得したい」「移動平均線やボリンジャーバンドなどの値を取得したい」「指定条件を満たした時だけ売買サインを表示させたい」など、目的別にどんな命令や文法を使えばいいのかを即座に確認できますので、ご活用ください。

■イージーランゲージのコード(10万円相当)

グラフ/サイン/売買ルールなどをイージーランゲージで作成する場合、種類によってそれぞれ”書き方のパターン”がいくつか存在します。

そのパターンを分析して「書き方のテンプレート(ひな形)」として用意したのが、本特典になります。

「インジケーター」「ショウミー/ペイントバー」「ストラテジー(エントリー系)」「ストラテジー(決済系)」などのカテゴリー別に、数十種類のテンプレートをご用意しています。

また本テンプレートは会員サイトに用意していますが、会員サイト上で必要な項目を埋めていくだけで、自動的にイージーランゲージ・コードを生成してくれるようになっています。

コードが生成されれば、あとはトレードステーションに貼り付けるだけ。たったこれだけで、簡単に自作のグラフやサイン、売買ルールを導入できるようになっております。

慣れてくれば自分でゼロからイージーランゲージ・コードを書くことも出来ますが、最初はどこをどう書けば良いのかよく分からず難しく感じると思いますので、最初はこのテンプレートをぜひ活用いただければと思います。

(12週間の講座内でも、本特典を元にした売買ルールのプログラミング作成方法についてご紹介しています)

■複合条件のイージーランゲージコード(20万円相当)

そのまま使えるストラテジー(売買ルール)のイージーランゲージ・コードです。

トレードステーションに、この「複合条件イージーランゲージコード」をコピーペーストしていただければ、売買サインの表示と自動売買することが可能になります。

また、コードをそのまま提供しますので、購入者様が本特典のコードを改良することも可能となっております。

本特典はトレードステーションの初期搭載ストラテジーには無い「複合条件のストラテジー」になります。すぐに実践で使えそうなストラテジーを厳選してご紹介しているので、そのまま使っても良いですし、本特典を元に自分なりの売買ロジックを追加してお使いください。

※本特典は「このストラテジーなら絶対儲かる!」といった保証をするものではありません。

■追加の補講動画

「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、追加の補講動画を提供する予定です。

僕たちも、日々戦略ロジックの検証を行っているので、そこで得たアイデアなどを、あなたと共有することで、より高度な知識を提供できると思います。

また僕たちは、トレードステーションは昨年、提供されたものなので、僕たちもすべてを理解しているわけではありません。したがって当初提供するプログラムの中身が完璧とは思っていません。

そこで「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、受講していただいたあなたから「ご意見」や「ご希望」などを募集する仕組みを取り入れました。

あなたの意見などを取り入れ、それを補講動画でフォローしていきます。

■参加者限定フォーラムを開設

「株の自動売買 12週間習得プログラム」では、「メンバー専用のフォーラム」という、情報交換の場を提供します。

メンバー同士で情報交換することで、だれも思いつかなかった戦略アイデアが思いつくこともあるでしょう。

ひとりで考えても思いつかないようなことが、メンバーと話をすることで視野が広がるからです。また自分ではわからないことを、他のメンバーが教えてくれることもたくさんあるはずです。

この「メンバー専用のフォーラム」は、あなたの味方になるはずです。
積極的に情報交換していただければと思います。

■会員専用メルマガ

会員専用のメルマガでは、株の自動売買に関する有益な情報を不定期で提供していきます。

僕たちは日々、バックテストを行っていますので、そこで得られた

・売買ルール構築のためのアイデア
・バックテストのアイデア
・売買ルール最適化のアイデア
・プログラミングのアイデア、セミナーの案内

など、他では得られない“レア”で、ホットな情報を、どんどん提供していきたいと思います。


『株の自動売買 ~12週間習得プログラム~』の著者・講師:紫垣英昭、下山俊輔
販売者・運営統括責任者:オープンエデュケーション株式会社

 

株の自動売買 ~12週間習得プログラム~

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

株の自動売買 12週間習得プログラムの感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠ご感想文レビュー買取.com