Bear Time FX(ベアータイムFX)は、実際にバックテストをしてみても非常に優秀なロジックで、もちろんEA自動売買としても使えます。

プロフィットファクタが2.0以上でドローダウンも少ないですが、ここまで優れたものはまず目にすることはありませんが、検証してみましょう。

Bear Time FX

 

Bear Time FX』が、
追加特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

15,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内

下のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内
ご購入はこちらから

Bear Time FX』の特徴を検証・評価

このBear Time FXは、ドル円の日時による変動のクセを利用した優れたロジック(自動売買も可)です。

驚くのは、実際にバックテストやフォワードテストをした結果ですが、プロフィットファクタが2.0以上で、ドローダウンがこれだけ低いものは、なかなか見かけることがありません。

勝率はどうでも良いのですが、それもかなり良い方です。

ベアータイムFXの構成としては、売り専門のロジック(EA)と買い専門のロジック(EA)を組み合わせたセットになりますが、もう少し詳しく検証してみましょう。

Bear Time FXの売り専門ロジックV2について

■米ドル/円は、日本企業を中心に「定期的に米ドル/円を売る必要がある」という需要要因による値動きのクセがありますが、米ドル/円のクセはこれだけではありません。

これと同じく不変的な「取引対象時間の市場参加者の習性」によるクセも併せて利用することで、Bear Time FXによってさらに良い条件で売買することができます。

■「為替相場の本質から形成されているクセ」によって、米ドル/円は予め決まった日の決まった時間に“高確率”で下落します。

この高確率で下落するクセと、強力なもう1つの米ドル/円のクセを併せることにより、無料版の『 Bear Time FX v1 』よりも勝率が5%以上高まりました。

■『Bear Time FX v1』でのパフォーマンスは 「勝率60%・損益比率1.1以上」を基準としていたことに対し、『Bear Time FX v2』は、同じく「損益比率1.1以上」でありながらも、「勝率65%以上」を誇ります。

そして、この約5%の勝率の差から、月利が倍増することになり、すなわち利益が約2倍に結びつきます。

■『Bear Time FX v1』と同様に、『Bear Time FX v2』においても、毎月23日~末日の9時に売って15時に決済することを基本スケジュールとします。

予め実行する取引内容(日程・時間・売買方向)が決まっているため、自らが相場判断をしたり、常に値動きを監視したりする必要はありません。

■『Bear Time FX v1』と同じく、明確に売買ルールが決まっていますので、基本的に未経験者が実行しても同じ結果となります。

また、そのルールは、「米ドル/円を毎月23日~末日の9時に売って15時に決済する」ということと同じくらい簡単で、極めてシンプルですので、実行内容に迷うような心配は不要です。

■ 「売買をコンピュータに任せたい」「取引時間が都合に合いにくい」「ミスのない確実な売買を行いたい」…などの場合は 、ベアタイムFXに付属の自動売買プログラム(EA)を活用ください。

これにより、簡単なセットアップ完了後は全てコンピュータに任せて完全自動で売買を行えます。

Bear Time FXの買い専門ロジックV3について

■米ドル/円は、「定期的に日本円の需要が低くなる」という需要要因によってる予め決まった日時に上がるクセがあります。

これに加え、同じく不変的な「取引対象時間の市場参加者の習性」によるクセも併せて利用することで、さらに良い条件で売買することができます。

■「為替相場の本質から形成されているクセ」によって、米ドル/円は予め決まった日の決まった時間に“高確率”で上昇します。

この高確率で上昇するクセと、強力なもう1つの米ドル/円のクセを併せることにより、『 Bear Time FX v2 』と同等の高勝率となります。

■『Bear Time FX v2』のパフォーマンスは 「損益比率1.1以上」「勝率65%以上」を誇ります。

これに対し、『Bear Time FX v3』は「損益比率1.1以上」「勝率61~64%」と若干勝率は劣るものの、売買回数が「1.7倍」と優れていることから月間の総利益から考えると、同等の高利益率となります。

■『Bear Time FX v2』においては、毎月23日~末日の9時に売って15時に決済することを基本スケジュールとしています。

これに対し、『Bear Time FX v3』は、その売り時間とはまた異なる 予め決まった日の決まった時間に「米ドル/円買い」を行います。

■『Bear Time FX v2』と同じく、明確に売買ルールが決まっていますので、基本的に未経験者が実行しても同じ結果となります。

また、そのルールは、「米ドル/円を毎月23日~末日の9時に売って15時に決済する」ということと同じくらい簡単で、極めてシンプルですので、実行内容に迷うような心配は不要です。

■ 『Bear Time FX v2』と同じく、V3も自動売買ができます。

「売買をコンピュータに任せたい」「取引時間が都合に合いにくい」「ミスのない確実な売買を行いたい」…などの場合は 、付属の自動売買プログラム(EA)を活用ください。

これにより、簡単なセットアップ完了後は全てコンピュータに任せて完全自動で売買を行えます。

Bear Time FXのまとめ

■上昇相場であっても「売りだけ」で利益を上げ続けている『Bear Time FX v2』
■下落相場であっても「買いだけ」で利益を上げ続けている『Bear Time FX v3』

これらを同時に用いると、『月利10%』を最低基準とすることができるために、運用資金150万円で生計を立てられる計算となります。

・・・この運用資金150万円は、当然、すぐには用意することが困難な場合もあると思いますが、仮に10万円からスタートした場合であっても、『月利10%』の複利計算であれば、1年後には31万3700円、2年後には98万4700円となり…、2年5ヶ月後には158万6000円となります。

ただし、実際には、『月利10%以上』の運用力があっても…、

過去に1度だけ、2009年に2ヶ月間を超えるマイナス月を経験したように、必ずしも毎月欠かさずにプラスになるとは保証されていません。

これまでの実際の売買(2006年以降)履歴に加え、それ以前の過去に遡った検証結果から・・・、

・年間ベースでプラスになる確率は「100%」
・月間ベースでプラスになる確率は「約81.5%」

ですので、着実に『FXで生計を立てる』ためには、運用資金の他、約3カ月分の生活費を確保しておくことが望ましいといえます。

そのため、『FXで生計を立てる』には、「運用資金150万円」と「生活費約3カ月分」の「計200万円」を用意することを考えると、10万円から月利10%で複利運用した場合、2年8カ月後(211万1000円)からFXで生計を立てることができるといえるでしょう。

・・・もちろん、スタート資金を10万円よりも大きい資金でスタートした場合には、 その分だけ早く200万円を築くことができます。

・運用資金10万円  → 2年8カ月後(211万1000円)
・運用資金20万円  → 2年1カ月後(216万7800円)
・運用資金30万円  → 1年8カ月後(201万8000円)
・運用資金50万円  → 1年3カ月後(208万8700円)
・運用資金70万円  → 12カ月後(219万7000円)
・運用資金100万円 → 8カ月後(214万3700円)
・運用資金150万円 → 4カ月後(219万6200円)

なお、『月利10%』は、確実性を高めるために、実際より少なく見積もった数値です。

実際の売買コストや当社の経験に基づくと、実際の月利は11~12%となるはずですので、上記の計算よりも、さらに短期間で確保できるはずです。

また、ベアタイムFXはサポートもついていますので、MT4やEA自動売買の設定などが難しかったら助けてくれます。

これも安心できるポイントです。

『Bear Time FX v2』と『Bear Time FX v3』が、あなたの問題や不安を解決に導き、『FXで生計を立てる』という選択肢の確保に役立ちます・・・


『Bear Time FX』の販売業者・運営統括責任者:株式会社NYコンサルティング

 

Bear Time FX

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

Bear Time FXの感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠ご感想文レビュー買取.com