バレーボール・ジュニア選手育成プログラム」が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

7,000円をお振込みいたします!

バレーボール・ジュニア選手育成プログラム

ご購入はこちらから

バレーボール・ジュニア選手育成プログラム」を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

7,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内
ご購入はこちらから

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

バレーボール・ジュニア選手育成プログラム」の商品概要:

なぜ、ジュニア選手目線でのトレーニングが、潜在能力を引き上げる有効な方法なのでしょうか?
それは主に3つの理由があります。

◆体格や身体能力を超えることができる!

バレーボールでは、他の競技と比べて生まれ持った才能や能力がなくても、自分の潜在能力を生かすことで、勝つことができる懐の深い競技です。体格・運動能力だけが勝敗を分けるのではありません。

自分の持っている特性を最大限に生かせれば勝つチャンスはいくらでもある競技なのです。

体格・運動能力の差を超える技術をジュニア選手のころに覚えることで、今後のバレーボール生活をより充実させ、試合で結果を残せるようになるのです。

◆潜在能力がどんどん引き出される!

ジュニア選手の潜在能力は、成長期に合わせてとてつもなく多く秘めています。この成長に合わせて、個人の特性を最大限に生かしてあげられるかが、指導者の腕の見せ所でもあります。

練習メニューとしては、やはり体の基盤となる軸を作ることが多いです。基本練習は華やかな練習ではありませんが、ジュニア選手目線でのトレーニング法によって最速でバレーボールスタイルが変わってきます。

この最速のトレーニング法をしっかりとした基盤にすることで、ジュニア選手の潜在能力がどんどんあふれるように引き出されていくのです。

◆やる気と勝てる自信がみなぎる!

ジュニア選手のトレーニングで重要なのが、やる気と自信をつけてあげることです。ジュニア選手目線でのトレーニングは、

「どうすれば、サーブが入るのか?」 「どうすれば、もっと強いスパイクが打てるのか?」

など、ジュニア選手たちが自分で考え戦略を立てる機会を与えます。自分の弱い部分をカバーして次の攻撃に移れるかを考えるのです。ジュニア選手は、難しい説明をするとすぐに嫌になってしまいます。

ジュニア選手目線になって、自分で考えるチカラと知恵を教えてあげることで、思い通りのプレーができたときの達成感を味わい、やる気と自信につながります。自信になれば、さらに上を目指そうと頑張りますので、放っておいてもどんどん成長していくでしょう。

◆ジュニア選手の目線に立つのは難しい

バレーボールに欠かせないトレーニングは何があるでしょうか。
例えば、

・基礎作りのための筋力トレーニング
・先輩、コーチの模範指導による技の反復練習
・実践練習

大まかに言えば、このように基礎作りから実践練習まであります。しかし、子どもの体は大人のミニチュア版ではないので、大人と同じようなトレーニングや技術の模傲は体を壊すことになります。

工藤さんが、これまで多くのジュニア選手たちを指導してきて明確になった事があります。追求したのは、考えやすくてシンプル、というポイントです。シンプルでなければ、ジュニア選手はその内容を理解しようとしません。

指導していることが理解できなければ、練習に身が入りません。

工藤さんが、研究に研究を重ねてようやく出来上がった、ジュニア選手目線でのバレーボール・ジュニア選手育成プログラムを一般公開させて頂く事となりました。

考えやすくてシンプルなトレーニングから、「小学生のバレーボール選手」や「あなたのお子さん」は 具体的に何を得る事ができるのか?

その一部をご紹介すると…

◆ジュニア選手の指導者に必須、チーム複合練習メニューの作り方とは?

アンダーハンドパスなどの技能中心の結合練習以上に、部活などでのチーム練習内で全てのバレーボールの技能を導入したチーム複合練習ほど勝てるチームの育成に効果的なものはありません。しかし漫然といろいろなことをやるだけでは効果は半減します。
ジュニアに適したメニューのいくつかをご紹介しましょう

手のひらの小さなジュニアでも安定したサーブのトスを上げるには?

身体がぶれたり、トスが乱れるとせっかくのサーブのスキルも十分生かせません。ジュニアにとって非常に効果的な平均台を使って練習する方法をDVDでご紹介します。ステップ無しでの体重移動、ステップ付での効果的練習法で、ジュニアのうちに体で覚えてほしいと思います。

◆腕を振ってしまうアンダーハンドパス悪癖の矯正法とは?

ジュニア選手によく見られる悪い癖、腕を振ってしまうアンダーハンドパスは、絶対に矯正してあげてほしいポイントです。ボールを片手で挟んでやる練習方法が非常に効果的ですのでお見せしましょう。ボールをしっかり上げようとすると逆効果です。その理由もお話ししましょう。バケツを使った変わった練習方法もお見せしましょう。

◆チャンスボールを生かせない小中学生チームに足りない練習メニューとは?

送りのレシーブと運びのレシーブをしっかりと分けて練習することが始点だと思います。チーム内での声のかけ方とこの二つの種類のレシーブの安定感を高めると、チャンスボールを余裕をもって生かし、得点することが出来るようになるでしょう。

◆ジュニアのセッターに教えたい「ぶれないトスを上げる」ための秘訣とは?

ネットに向かって走りトスを上げる練習がありますが、右足で壁を作ったトスの練習をお見せしましょう。ケンケンステップで練習するとぶれないトスを上げるための、あるコツがあることがわかるでしょう。

◆敵のスパイクがブロックできないジュニアチームが怠っているブロック練習とは?

敵のスパイクを気持ちよくブロックできる練習法です。小中学生バレー選手でも、〇〇骨を意識したコアトレーニングを基に、練習方法をご紹介します。手の突き出し方はもちろん、ステップ練習の種類にも言及して、スパイクをブロックするテクニックを磨きましょう!

◆オーバーハンドパスが苦手で、コントロールが上手く出来ないジュニアの共通点とは?

脚のバネを上手く使えない子供に多いのですが、脚、腰と肩のラインを〇〇にできるように指導してあげましょう。小中高校生にお勧めしやすい方法があります。バレーボールではなく、実は重たいバスケットボールを使った非常に効果的な練習方法をDVDではご紹介します。

◆非力なジュニア女子選手でも決定力あるスパイクを打つには?

小学生には疲労骨折などを起こさないような無理のないスイングを身に付けていただきたいです。ストレートアームスイングはじめ三種類の形をしっかりと学んでください。どれであれ、トップの位置での手首の使い方に、あるコツがあります。DVDでお見せしましょう。

◆セッターのトスを安定化させる、とっておきの練習とは?

ネットに対する、体の向きとリード脚の使い方に非常に重要なポイントがありますが、ジュニアの選手には些か難しいポイントがあります。ヘディングを使った様々な練習をお見せしましょう。

◆ジュニアでも一人でこっそり出来るパス練習法とは?

壁を使った個人練習のいくつかのパターンを公開しましょう。この連続パスの練習は様々なやり方があり、しっかりとボールを目で見ながらやることがポイントです。ライバルに差をつけるためにもしっかり身に付けましょう。

◆バックトスが出来ない中学生選手とチームが怠っていることとは?

3人での組み合わせパスを効果的に行うことで、チームのサインプレーも織り込んだトスのスキルアップを図れます。よりよいトスを皆があげられるようになるとスパイクを打つ選手も打ちやすく強いチームになれます。

◆小学生に足りないサーブの距離を出す練習法とは?

フォームをしっかりと作り、立ち膝でサーブ練習をする方法をDVDでお見せしましょう。フローターであれ、サイドであれ大事なことは共通しています。腕の力だけで遠くまで飛ばそうとすることは誤りです。フォーム重視であることをDVDで学んでください。

◆試合直前に狭い場所でできるパス練習とは?

試合の前にはフルにスペースを使ったことはできませんが、このDVDでは潜り込みパスと回り込みパスをチームで行う練習をお見せしましょう。コーチが中心になり2つのボールで指導できる極めて効果的な練習です。

◆ジュニア選手がフローターサーブを出来るようになるには?

フローターサーブを打ちたがるジュニアは多いですが、身体的に無理があるうちにやらせて変な癖をつけさせることは望みません。体力的に始めさせる良いタイミングがあります。目安としては、エンドラインからボールを投げさせて、距離と飛び方を見て判断する方法がありますが、DVDで詳しく解説しましょう。

◆ジュニアでも打てる!ジャンピングフローターサーブ練習法とは?

小柄なジュニア選手でも打てる、とっておきの練習方法を紹介しましょう。高く飛ぼうとする間違った考えの子供を多く見かけますが、間違いです。体の〇〇力を上手く使うのが秘訣です。体の小さなジュニア選手を用いてそのコツをDVDでお見せしましょう。

◆スパイクで高くジャンプできないジュニアの練習法とは?

小学生など発育途中での無理なステップ練習は逆効果です。効果的なジャンプ力強化のためのステップ練習をDVDで紹介しましょう。脚の筋肉のことも理解したうえで効率よく練習に取り入れてください。

◆ジュニアでも出来る、オーバハンドでのレセプションの指導法とは?

サーブレシーブすなわちレセプションをオーバハンドでできる技能は最近では非常に重要です。手の構えに通常のオーバハンドとは違うある秘訣があります。正しい姿勢を含め詳しく解説しました。小中学生選手では、怖がってしまい対応が遅れポイントを奪われるだけでなく、手首を痛めるケースも見受けられます。正しい指導をするコツを教えましょう。

◆スパイクへのディグが苦手なジュニア選手が怠っていることとは?

スパイク等の相手からの攻撃に対してのディグはきちんと習得をしないと試合に勝てないことはもとより、場合によっては手や指を痛めてしまいます。対人でのレシーブ練習のパターンを詳しく解説しましょう。ジュニア指導者にきちんと理解してもらいたいポイントの一つです。

◆中学部活でもできる、短いトスや乱れたトスのスパイク練習法とは?

様々な試合場面、悪い条件でのスパイク練習の方法をお見せしましょう。ステップ無しでのスパイクをベースに指導のツボをご紹介します。試合で応用できるパターンをお見せします。

◆ジュニア段階から理解しておくべきディグフォーメーションの基本とは?

スパイクレシーブに対するフォーメーションを基に、自分のチームのブロックの枚数を把握したうえで練習しましょう。DVDでは強打、緩打を上手く織り込んだ、3枚ブロックでのディグフォーメーションを効果的に練習するコツをご紹介しました。

◆強力で鋭いレシーブを怖がるジュニアの指導方法とは?

クイックであれオープンであれ、受ける際の構え、ステップの踏み方が非常に重要です。 ジュニア選手にありがちな悪い例もお見せしましょう。「〇〇の位置」にあまり指導されていない重要ポイントがあります。しっかり学んでください。強烈なスパイクへの対応力はきっと上がると思います。

◆サーブでトスが安定していないことを確認する方法とは?

平均台サーブ練習では、小学生に台に乗って練習する方法をお見せします。指導者が見てトスが安定しない場合にジュニア選手の体のブレ、落下、ボールの飛ぶ方向など一目してトスの乱れを指摘できます。上達には問題点を見つけることが重要ですのでしっかり見ていただきたいと思います。

◆サイドに来る強烈スパイクがレシーブできない選手の共通点とは?

正面に来るスパイクばかりではありませんね。股関節を使ったトレーニングを通して、自分の足幅の範囲での強打スパイクへの対応力を磨きましょう。

◆ジュニアチームに指導すべきブロックフォロー練習法とは?

ネット際でのフェイントやブロックフォローなど、下から上への動きには手を振らずに膝のバネで対応するテクニックが必要です。少人数でもできるトレーニングで下から上への意識を持ちながら練習しましょう。壁を使った練習もお見せします。

◆中学生がマスターすべき、試合で負けないブロックシステム習得法

手の突き出しとシャッフルステップ、クロスステップなどのステップを修得するだけでなく、チームとして共通理解できる、ブロックシステムのバリエーションを紹介します。DVDを見て各チームにあった練習方法を導入してあげて下さい。ジュニア選手でも十分理解できるよう解説しました。

今ご紹介させていただいたことは、お子さんが手に入れる上達法の一部にすぎません。是非、今回のジュニア選手の目線で徹底解説している「バレーボール・ジュニア選手育成プログラム」を手に入れて、

・ポイントに繋がる攻撃の上手さ
・ジュニア選手目線での指導法
・自分の心の強さ

を体で感じられれば、バレーボールがもっと楽しくなります。
そして、

・試合に勝つ!
・全国レベルの選手になる!

という理想を実現しましょう。

そうすれば、もっとバレーボールが好きになり、強くなった自分に自信がもてます。自分に自信を持てるということは、バレーボール選手としても一人の人としても成長できるでしょう。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=146739&iid=61678&pfg=1

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

バレーボール・ジュニア選手育成プログラムの感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠感想・評価レビュー買取.com