【野球】前田幸長の強豪チームの作り方』が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

7,000円をお振込みいたします!

【野球】前田幸長の強豪チームの作り方

ご購入はこちらから

前田幸長の強豪チームの作り方』を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

7,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内
ご購入はこちらから

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

【野球】前田幸長の強豪チームの作り方』の特徴考察・検証評価

◆【初公開】これが、全国制覇を達成したチームが実際に行っている練習メニューとタイムスケジュールです!

極端な話、このメニューとタイムスケジュールをこのまま真似するだけで大丈夫です! それだけで、あなたのチームは、強豪チームへの第一歩を踏み出せるようになるのです。

◆練習時間が短くても、この練習をすれば、強いチームは作れます!

平日に練習を行うとなると、学校の関係上、時間があまり確保できません。限られた時間の中で、一体何を練習すれば強いチームが作れるのか?その答えをお伝えします。

◆ “ある特徴をもつ子ども”を見つけることが、強いチームづくりの第一歩。その子どもの見抜き方とは?

あなたが野球の指導者として、初めてやるべきこと。それは“ある子どもを見つける”ことです。その子どもが見つかれば、あなたと子どもたちとの距離を縮めることができ、強いチームにするための第一歩を踏み出すことができるようになるのですが・・・

◆これができていないと絶対に子どもたちから信頼されません!指導者が持つべき心構えとは?

指導者として子どもたちとどう接すればいいのか?そうお悩みの方に向けて、指導者が持つべき心構えについてお伝えいたします。これができれば、自然と子どもたちから信頼を得ることができ、練習の効率もアップします。

◆選手の潜在能力を最大限引き出せる“適正ポジションの見分け方”

チームで中心となるのは、ピッチャー、キャッチャー、4番、センターラインです。 誰をどのポジションで使うと強いチームになるのか?その見分け方をお伝えいたします。 これができれば、強いチームができるだけでなく、子どもたちが自分にあったポジションでプレーできるようになるので、より効率的に技術を向上させることができます。

◆特別な選手がいないから強いチームがつくれない・・・そう思い込んでいませんか?チームの状況に応じた「強いチームのつくり方」をお伝えします。

チームの指導方法は、経験値、走力、体格、人数など、選手の状況に合わせるのがベストです。チームの状況別に応じた指導方法をお伝えしますので、あなたのチームにピッタリな指導法をそのまま実践することで、強いチームを短い期間で効率よく作りあげることができるでしょう。

◆これができていないと絶対に子どもたちから信頼されません!指導者が持つべき心構えとは?

指導者として子どもたちとどう接すればいいのか?そうお悩みの方に向けて、指導者が持つべき心構えについてお伝えいたします。これができれば、自然と子どもたちから信頼を得ることができ、練習の効率もアップします。

◆保護者と良好な関係を築ける、前田式“コミュニケーション術”

チームを指導するうえで重要になってくるのが保護者との関係です。子どもたちを預かっている以上、保護者との付き合い方は重要になります。前田流“コミュニケーションの取り方”を実践すると、保護者はあなたの指導に理解を示し、余計な口は挟まず、指導者であるあなたを最大限サポートしてくれるようになるでしょう。

◆強いチームに必要不可欠な“チーム内での競争意識” これを自然に生み出す方法とは?

強いチームの条件は、レギュラーとサブメンバーでお互い競争しあえる環境です。そこで重要となってくるのが、サブメンバーの存在です。サブメンバーの気持ちを理解し、奮い立たせるために前田さんがやっている方法をお伝えいたします。すぐに実践することで、自然とチーム内での競争意識がうまれ、チーム全体の実力の底上げに繋がります。

◆子どもたちとの間に壁があると感じた場合は、「コレ」を意識して会話してください!

キーワードは「○○」です。これを意識するだけで、子どもたちとの距離はグっと縮まり、あなたの指導法に子どもたちはしっかりと耳を傾け、自発的に練習をするようになります。

◆【注意】チームを強くしたいのなら、絶対に“こんな叱り方”をしてはいけません!

もしあなたが、この指導法をやっているのなら、今すぐにやめてください。子どもたちを委縮させる原因となり、あなたと子どもとたちの間に、大きな壁ができるようになります。これでは強いチームづくりはできませ。今すぐDVDのとおりに接し方を変えて下さい!

◆なぜ、“あること”をしただけで、子どもは自ら自主練習を始めるようになったのか?

あなたは、他の選手よりも上手くなりたいと思って練習している子どもを見つけて、“あること”をするだけでいいのです。それだけで子どもたちは、あなたに背中を押された気分になり、自然とレギュラー獲得にむけて、一生懸命練習するようになります。

◆【重要】あなたも子どもの頃に遊んだ「●●●●」をすぐ練習に取り入れてください!野球で重要な、身体の“ある部位”を効率よく鍛えられます

実は「●●●●」をすることで、野球で重要な身体の“ある部位”が鍛えられるようになります。楽しんでいる内に、自然と守備や走塁の強化につながります。だまされたと思って早速明日からの練習に取り入れてみてください。メキメキと選手が上達していきます。

◆前田さんがプロ10年目で気がついた衝撃の事実!ピッチャーがブルペンで“こんなこと”をしてたら、今スグに止めてください!

ピッチャーがブルベンで絶対にしてはいけないことがあります。これは、前田さんがプロ10年目に気づいた衝撃の事実です。もし、あなたのチームのピッチャーがブルペンで“こんなこと”をしていたら、今スグに投球をやめさせてください。そうしないとマウンドに立った時、ランナーを歩かせる可能性が高まってしまうのですが・・・

◆なぜ、このトレーニングをやっただけで、制球難に苦しむピッチャーでも、ズバズバストライクが入るようになったのか?

もし、あなたのチームのピッチャーが、なかなかストライクが入らず、制球難に陥っている場合、今すぐある部位を強化するトレーニングを行ってください。ある部位をトレーニングすることで、自然とストライクが入る投球ができるようになります!

◆コレでエースが育つ!ピッチャーだった前田さんが現役時代に実践していた“ピッチング練習”を初公開!

◆強いチームにするには、エースの育成が必須です。エースを育成するために、前田さんが現役時代にやっていた、肩を鍛えられるピッチング練習をさせてください。小・中学校の身体ができていない子どもたちでもケガを未然に防ぎつつ、エースの育成ができる練習方法です。

◆内野安打を打たせないために、ピッチャーには“この動き方”を徹底させてください!

ピッチャーは投げるだけでなく、打たれた瞬間に9人目の野手となります。 だからこそ、「この打球が飛んできたときはこう動く」というように、様々なパターンを通じて正確な動き方を伝えてください。ピッチャーの守備意識をあげるだけで、チームの守備力は格段にあがりますので、DVD教材のとおりに動くように指導してください。

◆【注目】素早い送球ができる! この“グラブさばき”をすぐに子どもたちに教えてあげてください

このグラブの使い方は、日本ではあまりいい話を聞きません。しかし、メジャーリーガーを多数生み出しているアメリカでは当たり前のように使われています。事実、この使い方をしたほうが、次の投球動作に移りやすくなります。習得しておくことで、素早い送球ができるようになるので、すぐに子どもたちにマスターさせてあげて下さい!

◆長打を打たれても、ランナーをホームに帰さない!1点を争う試合で勝敗をわける“このプレー”を練習に取り入れてください

このプレーは絶対に身につけておくべきプレーです。多くのチームがおざなりにしているこの練習をしっかり取り入れることで、勝負強いチームにすることができます。接戦での勝利は自信が付くことはもちろん、選手が学ぶことが多く、モチベーションが自然と高まります。強豪チームを目指すなら、絶対にこのプレーは選手に習得させてください!

◆全国を狙うためには欠かせません!どこに送球すべきなのかを瞬時に判断できるようになる練習法

この練習方法を実践すれば、その都度、状況が変化するのでどこに送球すればいいのか、瞬時に状況判断ができるようになります。小・中学生の段階でこの動き方を身につけられれば、全国大会で戦えるチームにすることができます!

◆今まで処理できなかった打球もアウトにできる! 秘密の内野手指導法

内野ゴロでランナーをアウトにするためには、ゴロの捕り方が重要になります。これをマスターすれば、ファーストにスピーディーに送球することができ、ランナーをアウトにすることができます。特に肩が弱い小・中学生の場合、一塁ベースから遠いショートやサードへの弱い当たりはアウトにするのが難しいですが、このゴロの捕り方ならアウトにできる可能性がアップします。

◆強肩の外野手を育てたいのなら、○○を使ってボールを投げるように指導してください!

実は多くの子どもたちは、身体のある部位にたよってボールを投げてしまっています。 外野から矢のような送球をさせるには、○○を使って投げることなのですが・・・

◆チーム全員の打率をあげる!3種類のバッティング練習とは?

バッティングで重要なのは、バットを数多く振ること。そして、身体のあるパーツをしっかりと使うことです。3種類のバッティング練習を行い、正しい身体の使い方を指導するだけで、子どもたちは自然と力強いスイングでガンガン打てるようになります。貧打に悩んでいたら、あっという間にチーム打率がアップします。

など、わずか3年で全国制覇を達成した前田幸長さんが、強豪チームになるための練習メニューから指導法まで、すべて実演・解説しています。

コレさえあれば、指導に関する”悩み”はすべて解消でき、強豪チームが作れるようになるでしょう!

あなたがこの教材をご覧になることで、チーム全体が今よりレベルアップします。

どのようにレベルアップをするのかを詳しくお伝えしますと・・・

1. 強豪チームが実際に行っている練習を取り入れることで、全国大会でも十分に戦えるレベルに戦力をアップできる!

2. 子どもたちとの距離が縮まるので、コミュニケーションがよくとれた一体感のあるチームになる!

3. 1点を争う展開で必要不可欠なプレーの練習をするので、勝負強いチームになる!

4. プロ顔負けの連係プレーができるようになり、アウトが量産できるチームになる!

5. 元プロ投手、前田さんの制球術が分かるので、どんな状況でもしっかりとストライクをとれるエースが育つ!

6. 力強いスイングができるようになるので、チーム打率がアップする!

7. 子どもたちの潜在能力を存分に発揮させることができるので、自然と強いチームができあがる!

8. 保護者との理想的な関係を築くことができるため、余計な口出しが減るのはもちろん、サポートもしてくれるようになり、保護者・選手・指導者が一丸となったチームづくりができる!

主に、このような結果が得ることが期待できます!

あなたが現在、より良い指導方法をお探しの場合や、チームを今よりもレベルアップさせる練習方法・指導の仕方について知りたいのなら、ご満足いただけることを確信しています。

成果実証済みの練習メニューどおりに子どもたちを鍛え上げ、短期間で全国大会でも通用するチームを作ってください!

追伸:

元読売ジャイアンツの前田幸長です。

今回、練習内容にお悩みの指導者様に向けて、私の「都筑中央ボーイズ」で実際に行っている練習メニューをDVDでお伝えさせていただくこととなりました。

私が思う理想の指導者とは、『子どもたち・親御さんとのコミュニケーションがとれる。なおかつ自分でもやってみせられる』、そういった人だと考えています。

仮に指導経験がなかったとしても、しっかりと野球を勉強をし、子どもたちには、「この選手がこう言っていたよ」「この選手がこうやっていたよ」と言ってやらせれば、納得して子どもたちはプレーしてくれるようになります。

大事なのは、野球についてよく勉強し、情熱をもって伝えることです。あなたが「本気でチームを強くしたい!」という気持ちは子どもたちに伝わります。

そのためにも、このDVDで紹介されている練習メニューをコツコツやっていってください。あなたのチームの力は、格段にあがります。ぜひ、いい結果を出してください。

お伝えしております通り、日米のプロ野球を経験し、引退後わずか3年で少年野球チームを全国制覇へ導いた名将による『チームを強くするための練習メニュー』を初めてDVD教材化しております。

「本教材を安く手に入れたい」と思われる場合は、お早めにお申し込みください。

著者:元読売ジャイアンツ前田幸長 販売責任者名:株式会社プロスポーツ出版

ご購入はこちらから
キャッシュバックで頑張れる

【野球】前田幸長の強豪チームの作り方の感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠ご感想文レビュー買取.com