ハードル上達革命~「縦の動き」と「横の動き」で捉えるハードルトレーニング~』が、
スペシャル特典付きでご購入でき、さらに
簡単なご感想をメールで送っていただくだけで、なんと

3,000円をお振込みいたします!

ハードル上達革命

 

(※現在新規の紹介販売を停止中です)

 

ハードル上達革命』を当サイト経由でご購入いただいたあと、簡単なご感想文をメールしていただくと、それを「買い取り」という形で

3,000円をお振込みいたします!

特典プレゼントのご案内

 

(※現在新規の紹介販売を停止中です)

 

上のボタンをクリックして販売ページを開いていただき、そのままご決済いただくと、ご感想文の買い取り&特典プレゼントの権利があなた様の手に入ります。

ご注文からご感想文の買い取り&特典お渡しまでの詳しい流れはこちら

感想レビュー買い取りキャッシュバックのご案内

ハードル上達革命~「縦の動き」と「横の動き」で捉えるハードルトレーニング~』の特徴考察・検証評価

◆短足選手の恥ずかしい悩み・・・インターバルを3歩で行けない選手の対処法とは?

初心者の方は足が短くなくても行けない方が多いです。足の短さであきらめず、○○能力とストライド調整能力を磨くことで可能になるでしょう。このDVDを反復実践すれば、悩みはきっと過去のものになります。

◆ハードルを跳ぶリズムがいつも不安定な選手が、怠っている基礎練習とは?

バウンスのトレーニングの際に、空中で止めて、積極的に着地をする意識で練習するメソッドがあります。それは、着地の際に膝がつぶれてしまいがちな非常に難しいトレーニングでもあります。一定のリズムで行えるようになる方法を紹介します。

◆女子選手がスプリント力を上げる正しいハードリングとは?

当然ながら、身体能力強化のための体幹トレーニングが必要ですが、闇雲に筋力アップをするだけではハードル能力が頭打ちになってしまいます。男子ハードルと違ったハードリングラインを意識する必要があります。DVDで理解していただけたらと思います。

◆400mハードルでのカーブの踏み切りを向上させた練習法とは?

スタートからの局面では、加速、スピード維持そして踏み切りへの段階をいかに実戦につながる形でトレーニングするか?具体的に解説しましょう。直線でもカーブでも基本は同じです。スタートから一歩目へのアプローチの方法から始まり、縦-横-縦への変化に注意してDVDをご覧ください。

◆無意味なもも上げトレーニングをしてはいけない!その理由とは?

ハードリングの練習として、もも上げのトレーニングがありますが、ももを上げることだけを意識しては本末転倒です。もも上げはある部分の反動の結果、ももが自然と上がるのです。ある部分を器用に使うことで、自然体で楽に結果を上げることにつながります。

◆上級者への壁、インターバルが詰まってしまう選手への練習法とは?

初心者とは逆に、インターバルが狭くなってしまうという中級者の悩みがあります。前へ前への意識が強すぎるせいです。調整能力が必要なのは理解していると思いますが、技術的な部分でも改善方法があるのでご紹介します。

◆上級選手が意識している、ハードル踏み切りの瞬間に注意しているポイントとは?

ある程度初級者を脱却する頃には、必ず意識させているポイントです。少しでも早く身につけてもらいたいのは、足を前方でさばく意識です。踏切の際に足が後ろに流れないで、タイミングを非常にとりやすくなるからです。この点は言葉ではなく、実際にミニハードルを使って動画でわかりやすく説明しましょう。

◆最も短期間で成果を生む、400メートルハードル特有の練習法とは?

普通は35メートルインターバルの反復が一般的ですが、このDVDでは、400mならではのスピードに乗った状態でのハードリングと、歩数のチェンジにも焦点を置いた練習方法を紹介します。反復により、スピードが押してしまうのが普通ですが、スピードを保ちながら両足をいかに使うか?注意深く映像を見てください。

◆ハードリングで勢いが減ってしまう選手を改善させる3つのステップとは?

抜き足とリード足の重心移動、作用反作用を理解して実践することが重要です。言葉だけではなくプラクティカルな訓練法を取り入れました。

◆チビなのに記録を伸ばし続ける選手が重視している練習メニューとは?

背が低い選手が非常に有効な練習メニューがあります。スピードだけでなく、高い跳躍、そして何よりも、着地後のスピードアップを徹底的に意識した、とっておきの方法です。

◆スピードを落とさない為、上下動をつぶして楽に推進力を上げる秘密とは!?

縦への動きをつぶすためには、ある部分に力を入れてそこから力を出す作用が必要です。脚ではありません。あなたにこの秘密を伝授しましょう。

◆見落としてはいけない、110mハードルと400mハードルでの練習法最大の違いとは?

縦の動きを抑える動作がポイントです。この上からの力を利用して、水平に移動するスキルに400mでは特徴がみられます。スムースな水平移動が必須な理由を100/110ハードルとの比較で説明しましょう。

◆初・中級者とは一線を画す、上級者だけ要求される総合能力強化法とは?

初級者・中級者からの違いとしては、インターバルが縮まってくることが挙げられます。13秒を目指すレベルであれば、ストライドを縮めるための、スプリント能力への調整力、そしてレベルに応じた能力を強化する方法を解説しましょう。

◆確実にステップアップを実感できる縦の動きと横の動きとは?

このDVDの中心的理論、縦と横。ストライドを調整できない選手は非常に多いです。頭では理解してるのに体が思うように動かない、そのような方が着実にステップアップできる「縦」と「横」の動きを根底に据えた有効な練習法をお教えしましょう。

◆記録が伸びない選手の共通点。ハードリングの際に空中での足の運びが調整できない選手の練習法とは?

空中で足の運びを調整する技術力をアップするには、空中で膝の動きを止める訓練が要求されます。歩数調整、タイミングのズレへの対応能力です。追い風、向かい風、サーフェイスの違いへの調整能力が上手い人はタイムも上がります。解決法をお話ししましょう。

◆インターバルの歩幅を意識し過ぎ?踏切でパワーが出ない選手への対策とは?

インターバルと踏切動作は相互関係にあるので、どちらかに比重が大きくなると、当然ながら調和が取れなくなります。踏切動作では○○をずらす、○○動作を短くすることで解決できます。

◆スプリント力が劣る選手の100/110ハードルへの効果的上達法とは?

スプリント、ハードルを跳んだあとの水平移動が重要です。走力が無い選手でもいかにインターバルを走る技術を養い、着地後の加速をアップさせるか、コツがありますのでDVDで解説しましょう。

◆重心移動が全くできてないね!と言われた選手が1週間で改善した調整法とは?

重心移動はハードリングで非常に重要な要素の一つです。ハードルを跳ぶという意識をまず無くしましょう。そしてこれが重要な調整法ですが、結果として抜き足の○○が○○に当たっても良い、という意識に変えましょう!

◆平凡な選手が持っていないトップレベルの選手の「空中での運動能力」とは?

あらゆる状況で、同じように跳ぶことができる能力が、ハードルでの大きな差となって記録に現れます。歩数、フォーム、タイミングの調整。これを重点的に鍛えることで、運動能力が向上します。

◆着地後に一気にスピーダウンしてしまう選手の共通点とは?

ハードル走における、縦と横の運動理論をこのDVDでは、随所に詳しく解説してあります。水平移動での運動をいかにスピードダウンせずに行えるようになるか?また、接地の際の地面反発を生かすスキルも重要です。悩みの多いテーマですので、DVD全般を通じ、着地後のスピードダウンの悩みを解消しましょう。

◆初心者ハードル選手が壁にぶつかりやすい抜き足トレーニングとは?

踏切から横に抜いていく「抜き足」は、習い始めの選手には非常に難しい動作です。日常生活には使わない運動ですので無理もありませんが、ダイナミックに縦の動き、横の動きを意識しながら、抜き足のリラックス法をわかりやすくお見せします。

◆初心者に最適!ミニハードルでタイミングを取る訓練。あるスポーツに似た動作習得法とは?

インターバルを100mハードルと同じに設定し、○○○と同じ足踏みと足のさばきをすることでタイミングを取りやすくなるだけでなく、足が後ろに流れなくなります。詳しい解説と実演はDVDの中にあります!

◆記録アップ達成のための関門!利き脚と逆(苦手)脚両方でのハードリング練習の注意点とは?

利き足で十分なスピードを作り、そのあとで逆脚の踏み切りについての癖を上手く克服していく練習が、結果を早く生む近道です。その際、実戦で役立てるには、スピードを絶対に低下させない練習が必要です。その注意点、具体的な方法をわかりやすく解説しました。

◆男子ハードルとは別物。女子ハードル特有のある技術とは?

身長に違いがある分、ハードルの高さも約20㎝程女子ハードルは低いです。身体重心が男子110mハードルよりも下になるので○○○と○○○○○能力は男子以上に必要になるのです。これを鍛えるための訓練法をDVDで詳説します。

◆ハイハードルで着地後に跳ねてしまう選手の改善法とは?

これも無駄な動きの一つですね。リズミカルに行うこともですが、着地後に下半身のある部分を意識的に抑えることで、跳ねを前方へのエネルギーに変えることができます。

◆ハードルにぶつかり倒す「恐怖感」に悩む選手への最適なトレーニング方法とは?

バランスと安定的なスプリント、踏切の技術、そして着地の技術が非常に重要で、相互に影響しあっています。部分部分でポイントを分けながら、このDVDで総合的に学ぶことで、その恐怖は払しょくされていくでしょう。

◆歩数調整が苦手だった選手を、トップ選手に育て上げた指導法とは?

走力の無い選手の後半や、400mハードルで最後に踏み切りが遠くになってしまったケースなど、歩数調整は全てのハードル選手にとっての大きな課題の一つです。まずは上に跳んで距離を稼ぐ「一歩跳び」でのトレーニングから試してみましょう。

◆ミニハードルでの練習時に陥りやすい、間違ったハードリングのイメージとは?

ミニハードルで実際にハードルを跳ぶ時をイメージして練習している人は非常に多いと思います。ただ、そのイメージの方法に危険が潜んでいます。早く足を動かすだけでは、実際のハードリングで活用しにくくなります。最も大切なポイントをDVDで理解してください。

◆利き脚とは逆の脚でのハードリングへの苦手意識克服法とは?

利き脚ハードリングをベースに、リズムを重視しながら逆脚を交互に導入した練習方法から説明します。克服の仕方は一つではありません。実は逆脚から跳ぶ練習パターンを織り交ぜることで、記録を伸ばす可能性が高まります。詳しく解説しましょう。

◆これであなたも上級者!ハードリング時の4つの動作をズラすとは?

インターバル・踏切動作・空中動作・着地に分類されますが、前への推進力がある中級者が上級者になるには空中動作を○○することです。これをするためには、4つの動作の○○○○○を○○するということです。レベルが高いかもしれませんが、上達できる数少ない方法です。

◆インターバルが狭くなりすぎて踏み込みができない・・・そんな時にその場で調整できる技術とは?

400mハードルでは特に最後のほうのインターバルが狭くなってしまったりします。そのような十分に踏切をとれない局面で有効な技術です。普段行っている練習の発展させた考えをもとにした技術です。DVDによって調整力を身につけてください。

◆中級レベルで伸び悩んでしまう選手に必ずトライしてもらいたい「中抜き走」練習とは?

通称、「中抜き走」というトレーニング方法はインターバルの間を長く置く方法です。試合よりも練習ではスピードが落ちがちです。そこで中抜きのインターバルでスピードをアップするスキルの習得のための方法です。さらに、前傾から崩れる傾向にあるフォームの修正能力が上がり、上級者へのステップアップにつながります。

◆レベルが高くてついていけない初級者が、中級者との差を一気に詰める方法とは?

初心者の段階で中級者と同様のやり方で練習することは効果的ではありません。頭の上下の揺れが激しくありませんか?前への推進力、スプリントは無駄がありませんか?DVDでは縦の動きを横の動きに移行するための練習法を多数解説しています。

◆見た目にもカッコイイ滑らかなハードリングが出来る人とできない人の違いとは?

クイックでありながら、滑らかで美しいハードリングには、抜き足をリラックスさせる支持脚の使い方、すなわち力の入れ方にコツがあります。リード脚のリラックスにつながる効率的な方法ですので細説しましょう。

◆ハードリングで失速が多い選手に共通することとは?

○○足の着地時に頭から○○がぶれてしまうことで、前へのパワーが失われます。これをトレーニングできる練習法をいくつかご紹介しましょう。

指導者:元400mハードル日本代表 山崎 一彦
運営統括責任者:株式会社トレンドアクア 木部泰明

 

(※現在新規の紹介販売を停止中です)

 

キャッシュバックで頑張れる

ハードル上達革命のご感想を3,000円で買取!の感想文レビュー買い取り価格ご案内ページです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright(C) キャッシュバック≠ご感想文レビュー買取.com